あれ?意外と庶民的じゃん!女の子を身近に感じる瞬間9パターン


デートでおごることが多い男性にとって、意中の女性がどんな金銭感覚なのか気になるもの。付き合う前に金遣いが荒いか、庶民的かなど見抜きたいところです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『あれ!? 意外と庶民的じゃん!』と女の子を身近に感じる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】デートはファーストフードでもOK

    「いつも高い服を着ているから意外だった…」(20代男性)というように、女の子の「食事にお金をかけなくてもいい」という態度に庶民性を感じるケースです。女の子の格好や雰囲気だけで見分けられないときは、牛丼屋や大衆食堂などが好きかどうかを訊ねると判断できそうです。

  • 【2】「この食器も100円なんだよ!」と、100円ショップを活用しまくっている

    「オシャレなのに贅沢してなくて感動した!」(20代男性)など、お金をかけずに生活を楽しむ女の子に心を打たれるパターンです。小物や雑貨などを「これオシャレだね。どこの?」と褒めつつ聞いてみると、女の子の金銭感覚が覗けるかもしれません。

  • 【3】「コンビニってスーパーより高くつくんだよ」と、便利さに流されない

    「買い物はコンビニ派と言ったら、すかさずこう返された」(30代男性)など、細かな節約を積み重ねる女の子もいるようです。「チリ積も」を大事にする子は、他にも「銀行の金利に詳しい」「ポイントカードを徹底活用する」などの特徴がありそうです。

  • 【4】「たまには思いっきり肉を食べたい…」など、焼き肉を贅沢だと思っている

    「このセリフはさすがに驚いた」(20代男性)という声もありますが、質素な暮らしを心がける女の子にとって焼き肉は豪勢な食事のようです。女の子の金銭感覚を把握するには、その子の贅沢のラインを理解することも重要でしょう。

  • 【5】「下町は住みやすくていいね」など、都会より昔ながらの町並みが好み

    「思わず『渋っ!』と唸った」(10代男性)など、ライフスタイルの趣味嗜好から庶民的な一面を知れることもあるようです。ただし、学校や職場までの距離を考慮し、都会で暮らすケースもあるので、安易に住んでいる地域と性格を結びつけないほうがいいでしょう。

  • 【6】「こういうのをうまく活用しなくちゃ」と、スーパーのチラシやクーポンを保管している

    「俺ならすぐに捨てちゃうのに、しっかりしてるなぁ」(20代男性)など、お得な情報を見逃さない主婦っぽさに感心するパターンです。何気なくもらったクーポンをどう扱うかも注目すべきポイントかもしれません。

  • 【7】冷蔵庫の中にある適当なもので家庭料理を作れる

    「食事を外で済まそうとしないところがよい!」(20代男性)など、お腹がすいたとき、最初に「料理する」という選択肢がくる女の子に庶民性を感じるケースです。学校や職場にお弁当を持参している女の子は、自炊派が多そうです。

  • 【8】「洋服は安くて質が良いものが好き!」と、むやみにブランドものを欲しがらない

    「金銭感覚がマトモな証しです」(20代男性)など、若いのにミーハーな意識がないところに庶民性を感じる男性もいるようです。ただし、ブランドものを取り入れている女の子の中にも、セールでしか買わないなど「良いものを安く」を徹底している人もいるようです。

  • 【9】「電話は安く話せる時間帯か無料アプリを使おう」と、削れる費用は極力削る

    「電話好きと言ってたけど、通話料のこともちゃんと考えてビックリ!」(20代男性)など、好きなことであってもムダを省くシビアな姿勢に男性が驚くケースです。節約テクニックの話でテンションを上げるような女の子は庶民的と言えるかもしれません。

ほかにも「『あれ!? 意外と庶民的じゃん!』と女の子を身近に感じる瞬間」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock