「美しかった思い出が…」とショックを受けた、初恋男子の変化9パターン


初めて好きになった男子は、すべての女性にとっていまでも特別な存在です。しかし久々に再会した「初恋の君」に、ガッカリしてしまうこともあるようです。では、どんな変化が不評なのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査をもとに「『美しかった思い出が…』とショックを受けた、初恋男子の変化9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ファッションセンスに定評があったのに、近所のスーパーで買ったような安物で身をかためている

    「すっかりオーラがなくなっていた」(20代女性)と、外見に気を使わなくなった男子に、拍子抜けの女子もいるようです。経済的余裕がなかったとしても、近場を散歩するような服装で会うのはやめましょう。

  • 【2】スポーツマンで締まった体だったのに、誰かわからないほどジャンボサイズになっている

    「『あの彼がどうして!』と目を疑った」(20代女性)など、規格外にぷよった男子に、目を丸くする女子もいるようです。体型の変化ほど過去のイメージを崩してしまうものはないので、日頃から体重管理をしておきたいものです。

  • 【3】色白で繊細な雰囲気だったのに、色黒金髪のチャラ男になっている

    「見た瞬間、気づいてない振りをして思わず通り過ぎようかと思った」(20代女性)と、軽薄な印象になった男子に、ドン引きする女子もいるようです。会話中だけでも誠実さを示せば、「やっぱり、あのカレだわ」と多少は安心してくれるのではないでしょうか。

  • 【4】サラサラヘアで爽やかだったのに、ボサボサ頭に無精ヒゲで不潔な印象を漂わせている

    「臭いがしそうで目まいがした」(20代女性)など、イケメンの面影ゼロの男子に、ショックを隠せない女子もいるようです。せめて髪をとかし、ヒゲを揃えるなどすれば、「ワイルドでカッコいい」と思われるかもしれません。

  • 【5】社交的で人気者だったのに、今はSNS友達としか連絡を取らないようになっている

    「いったい何があったのかと思う」(20代女性)と、内向的になった男子を心配する女子もいます。あまりに無口だと女子を不安がらせてしまうので、話が苦手な男子は聞き役に徹するとよいでしょう。

  • 【6】謙虚な性格だったのに、「俺の年収は…」と自慢話しかしない人間になっている

    「聞いていてうんざり」(30代女性)など、得意げに自分の話をする男子に、疲れを感じる女子もいます。近況を話すにしても、いまの成功を自慢するより、そこに至る努力を語るほうが、尊敬されるかもしれません。

  • 【7】明るく優しい少年だったのに、人の悪口や仕事のグチばかり並べる男になっていた

    「『なに? この感じ悪さ』と思った」(20代女性)と、知らない間に性格がねじ曲がってしまった男子に、眉をひそめる女子もいます。グチグチ文句ばかり聞かされては、再会の喜びも一気に萎えるもの。「また会いたい」と女子が思ってくれるようポジティブな態度で過ごすよう努めましょう。

  • 【8】マジメで誠実そうだったのに、女と見ればすぐ口説く遊び人になっている

    「あまりに軽薄な態度に、呆気にとられた」(20代女性)というように、女子に対して軽々しい雰囲気になった男子に、ビックリする人もいます。異性への免疫ができたなら、「女性の扱いが上手な紳士」のように振る舞えば、印象がアップしそうです。

  • 【9】「神童」と呼ばれる秀才だったのに、いまは定職にもつかずブラブラしている

    「パリッとスーツを着こなした姿を思い描いていたから…」(20代女性)など、期待値にそぐわない男子に、一方的とはいえ残念に思う女子もいるようです。無職だったとしても、「夢」や「目標」を語れば、ステキだと思ってもらえるかもしれません。

ほかにも「初恋男子に出会ってガッカリしたエピソード」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock