彼女と別れた後に「自分が悪かった」と反省した行動9パターン


交際中は気づかずに、別れて初めて彼女を傷つけていたことを自覚して謝りたいと思う男性は多いようです。では、彼女へのどのような行動を男性は反省するのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に「彼女と別れた後に『自分が悪かった』と反省した行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】勉強や仕事が忙しくて、つい連絡を怠ってしまった

    「分かってくれているという大いなる勘違い」(20代男性)など、自分のことで精一杯だったため彼女を思いやれなかったことを悔いるようです。せめて「しばらく忙しいから連絡が少なくなるかも」と相手を気遣う一言を伝えると彼女は寂しさを乗り越えられるかもしれません。

  • 【2】素直に気持ちを伝えられず彼女を不安にさせてしまった

    「照れてつい『ベタベタすんな』と言ったり…」(30代男性)など、愛情表現が苦手で、相手に冷たい人だと誤解を与えてしまったと悔やむケースです。素直な気持ちを言えない場合は「○○が彼女でよかった」など特別な存在であることを伝えるだけでも効果的でしょう。

  • 【3】彼女より友達との約束を優先してしまった

    「悪い事をしているわけではないと思い込んでいた」(20代男性)など、友達との遊びが楽しくて、当たり前のように彼女とのデートをないがしろにしていたパターンです。「一緒にくる?」など彼女も仲間入りさせてあげると「私よりも友達が大切なの?」と誤解されずに済むでしょう。

  • 【4】ケンカの時の話し合いにまったく応じずに軽く受け流していた

    「面倒くさかったんでつい」(20代男性)など、彼女が思い詰めて言ったことも「たいしたことない」と軽視していた自分を懺悔する男性もいます。ケンカの中身が何であれ、「嫌な思いをさせてごめん」と一言伝えるだけで彼女の怒りが収まる可能性は高いでしょう。

  • 【5】モテたくて彼女がいることを公表しなかった

    「彼女持ちだと合コンで相手されないし」(10代男性)など、あわよくば彼女以外の女性との恋愛を期待して「彼女がいない」ことにしていたケースです。友人などから彼女にバレて「最低男」の烙印を押される前に、誠意のある行動をとることをおすすめします。

  • 【6】嫌われたくなくて、言いたいことを言わず我慢していた

    「イエスマンすぎた」(20代男性)など、彼女の顔色をうかがうばかりの頼りない男だったことを反省している男性もいます。女性に「乗り気じゃないのかな」と思われないためにもデートのときなどは率先して計画を立てるとよいかもしれません。

  • 【7】その場のノリで付き合ったため、すぐ「違うな」と別れて傷つけてしまった

    「顔がめちゃくちゃタイプだったから」(10代男性)、など外見だけで判断した結果、性格が合わず、すぐにフッてしまったことを身勝手で失礼だったと気づくケースです。付き合う前に何度かデートを重ねきちんと人柄を知るほうがお互いが傷つかずに済みそうです。

  • 【8】経済力がなく、彼女に金銭的な負担をさせてしまった

    「好きだから許されると思って…」(20代男性)など、当たり前のように彼女に甘えていた自分を深く悔いるようです。「2年後には贅沢させてあげるから」などと決意を伝えて、将来に向けて頑張っている姿を見せれば、彼女も文句を言わず待ってくれるかもしれません。

  • 【9】束縛してくることを「うざい」と責めまくった

    「自由に振る舞いすぎた」(30代男性)など、彼女の不安を無視して、思うがままに行動していたことを恥じている男性もいるようです。疑われるような会合が多い場合は「○○以外の女性は眼中にないよ」などとオンリーワンの存在であることを伝えて出かけると彼女にムダな心配をかけずに済みそうです。

ほかにも、過去の恋愛に「自分が悪かった」と反省する行動はありますでしょうか。みなさまの意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock