「この人とまた話したい!」と女性が好感を抱く「電話越しのセリフ」9パターン


顔の見えない電話では、何気ない一言が相手に大きな印象を残します。では、「もう一度この人と電話したい」と思わせる言葉には、どんなものがあるのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートから、『「この人とまた話したい!」と女性が好感を抱く「電話越しのセリフ」9パターン』をお届けします。

  • 【1】相手を気にかけていることが伝わる「なんだか声が聞きたくなって」

    「親しみを持ってくれているんだ、と思うから」(20代女性)というように、電話をかけた段階ですぐ、好意を表現できるセリフです。ただし、普段あまり話さない相手には不審がられるケースもあるため、注意が必要かもしれません。

  • 【2】女性の気持ちを敏感に察する「声に元気がないけど、どうしたの?」

    「心配りにほっとする」(30代女性)など、声色から女性の心境を読み取る男性の思いやりに、女性は好印象を抱くようです。女性が疲れていたり悩みがある場合は、無理に話を盛り上げようとせず、グチを聞いてあげるとよいでしょう。

  • 【3】相手との会話が楽しかったことをアピールする「えっ、もうこんな時間なの? 気付かなかった!」

    「長電話の最後に言われると、自分だけじゃなかったんだと安心する」(10代女性)など、話が盛り上がったことを、お互いに確認し合う効果があるようです。電話を切るのが名残惜しい気持ちを同時に伝えれば、次の電話にも繋がりやすくなるでしょう。

  • 【4】お互い顔が見えないからこそ一層効果が高い「声がカワイイよね」

    「不意に言われるとグッとくる」(20代女性)と、表情が分からない電話で、突然こう言われると、相手はドキッとするようです。気心知れた女友達との関係を一歩進めたいとき、「今まで気付かなかったけど…」というニュアンスで使うと効果があるかもしれません。

  • 【5】いつもの自分と違う一面を見せる「電話じゃなきゃこんなこと話せないけど…」

    「ギャップを感じて引き込まれる」(30代女性)など、よく知っている人が電話でだけ見せる一面に、秘密めいた魅力を感じる女性も多いようです。周囲に隠していた趣味や本音などをありのままに話すことで、相手との距離を縮められそうです。

  • 【6】女性の予定を気遣う姿勢が好印象の「明日早いんだから、そろそろ寝なよ」

    「私を優先してくれる気持ちが伝わるから」(10代女性)と、あえて自分から電話を切ることで、好印象を残すこともできるようです。ただし、それで終わっては寂しい印象にもなりかねません。数日後に「あの日は間に合った?」と改めて電話すれば、話が弾みそうです。

  • 【7】相手に心を許していることを示す「話していると落ち着くんだよね」

    「頼られている感じで、悩みを聞いてあげたくなる」(20代女性)など、自分に心を開いてくれたことに、多くの女性が満足感を覚えるようです。女性に仕事のグチを聞いてもらったときは、感謝の言葉と一緒に伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】わざわざ電話する一手間が相手の心に残る「(誕生日などに)○○、おめでとう!」

    「メールは想像してたけど、電話はビックリ」(20代女性)など、ある程度親しい関係性なら、予想外のお祝い電話が胸に刺さるようです。ただ、親しくない女性なら、むしろ気軽なメールの方が好印象につながることもありますから、相手によって使い分けましょう。

  • 【9】電話では足りない愛情をストレートに伝える「直接会いたくなった」

    「ちょっと強引な感じが素敵!」(10代女性)など、男性の情熱的な発言に、心が揺れる女性も多いようです。実際に会いに行くかどうかは別ですが、話していて気持ちが盛り上がったことが伝わるだけでも、女性に強い印象を与えられそうです。

いかがでしたか? 他にも、女性から好感触を得られそうな電話でのセリフがあれば、ぜひ教えてください。(大久保春日Office Ti)
Photo:All images by iStock