デート中バカップルに遭遇したとき、「大人だな」と尊敬されるリアクション9パターン


世の中には電車の中でキスをするようなカップルもいるものです。そんな人によっては不快と感じる状況に置かれた場合、どう振る舞うべきでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「デート中バカップルに遭遇したとき、『大人だな』と尊敬されるリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「俺らも負けないくらいベタベタする(笑)?」と冗談で場を和ます

    「誰も傷つけない一番いい対応だと思う」(20代女性)など、ユーモアでいら立ちを解消するパターンです。「笑っていると嫌な気分も消える」(20代女性)という意見もあるので、迷惑行為に彼女がイライラしているときは、笑わせて気分を変えてあげましょう。

  • 【2】「彼らに比べて君はちゃんとしているよね」と彼女を持ち上げる

    「まさかそう来るとは…」(20代女性)など、女性の意表を突くリアクションを見せるパターンです。単なるご機嫌取りではなく、状況を冷静に分析した上で彼女を讃える姿勢に、女性は畏敬の念を抱くのかもしれません。

  • 【3】「周りが見えなくなるほど幸せに浸れるなんて素敵だよ」とプラスの視点を提供する

    「自分にはない考えでハッとした…」(30代女性)など、物事のいい面を探そうとする方法です。このようなプラスの発想への転換は、「失敗したからこそ自分の弱点が見えたじゃん」というように、落ち込んでいる彼女を励ますときなどにも有効でしょう。

  • 【4】「まだまだ子どもだなあ」とクールな大人を装う

    「『この人、デカッ!』と思う」(30代女性)など、男としての格の違いを感じさせるパターンです。ただし、あまりに他人を見下した態度だと女の子の気持ちも冷めてしまうので、冷笑を浮かべたり、ため息混じりに口にしたりせず、明るく言うほうがベターでしょう。

  • 【5】「俺らも似たようなものかもよ」と自分たちの反省材料にする

    「なんて誠実な人かと…」(10代女性)など、男性の生真面目な態度に女性が感服するケースです。バカップルとの遭遇は、「人のふり見て我がふり直せ」を実践する良い機会と考えるのもひとつの手でしょう。

  • 【6】「子どもの教育に悪いよね」と真っ当な指摘をする

    「気分的なことしか言わない私と違って、彼は良識的だと感じる」(20代女性)など、問題点を鋭く追及することで女性に評価されるパターンです。バカップルにイラッときたら、感情的な非難ではなく、「迷惑な行為が周囲に与える影響」という広い視点から意見することが大事なようです。

  • 【7】「誰にでもああいう時期はあるし、きっと変わるよ」と迷惑なカップルの成長に期待する

    「マジで心が広いと思います」(20代女性)など、バカップルに対して親心のような優しい気持ちを示すケースです。簡単に人を責めず、長い目で物事を見ようとする姿勢に、女の子は器の大きさを感じるようです。

  • 【8】「遠距離恋愛なんじゃない?」と納得できる理由を提案する

    「それなら仕方ないと思えて急に怒りが収まった」(10代女性)など、女の子の気分が変わるようなアドバイスをする方法です。他人の振る舞いに対して、女の子が気分や自分の損得だけで不満を口にしていた場合は、独りよがりな発想に陥りつつあると気づかせることも大切でしょう。

  • 【9】「知り合いに見られても胸を張れるのならいいと思う」と深い考えを示す

    「迷惑に感じる人もいれば感じない人もいる以上、結局本人がどう思うかの問題なんですね…」(20代女性)など、事の本質に気づかせてあげるパターンです。ただし「あのルックスで…」など、人を攻撃するようなセリフを絡めないよう注意しましょう。

ほかにも「デート中バカップルに遭遇したとき、『大人だな』と尊敬されるリアクション」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock