「もうデートしたくない!」と思われる行動9パターン


1回目のデート以降、連絡が途絶えてしまった・・・という悲しい経験を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。もしかしたら、デート中の振る舞いによって、女性に嫌われてしまった可能性が考えられますが、女性の本音は分からないものです。そこで今回、女性の本音をさぐるべく10代〜30代女性100名に対して、「イマイチだったデート」に関するアンケートを実施しました。どのような行動によって、女の子が「この人ともうデートしたくない!」と思うのでしょうか。

  • 【1】しゃべらない。

    「ひたすら無言。こっちが話題を出しても会話がすぐ終了。」(20代女性)、「向こうから誘ってきたくせにあまりしゃべらないので、こちらが沢山質問をしなきゃいけなかったデート。さすがにネタもつきる。」(20代女性)などの意見が集まりました。女性を楽しませる話ができなくても、女性のことを聞き出すための質問力を備えたいものです。趣味や仕事の話など、率先して聞き出しましょう。

  • 【2】デートプランを考えていない。

    「全て相手まかせのデート。見る映画や食べる所のプランを考えられず、全て任せられた。デート中は常に斜め後ろに立っていて情けない印象で終わった。」(20代女性)、「『どこに行きたい?』『何をしたい?』『何を食べよう?』『どっかある?』と聞かれるばかりでノープラン。結局、自分の提案ばかりで新鮮みもなく、頼りなく感じた。」(20代女性)などのデートプランがないことに不満を感じる女の子もいます。率先してデートプランを考えたいものです。スマートなプランではなくても、一生懸命考えた姿勢は、きっと相手にも伝わるでしょう。

  • 【3】終始、文句を言い続ける。

    「観光地で名物料理を食べたのですが、量が少ない、値段が高いなど家に着くまでずっとその話。どんだけケチなんだ?うんざりでした。」(30代女性)など文句を言い続けることにウンザリする女性もいます。嫌なことをすぐに忘れ、良い記憶を提供することがデートにおいて大事なことでしょう。嫌なことがあったら、愚痴るのではなく、楽しいイベントで記憶を上書きしてあげましょう。

  • 【4】自分の意見を胸をはって言えない。

    「どこに行くのにも、何を食べるにも、良い意味で自己主張してほしかった。この人とはめんどうくさいからもうデートはしたくないと思った。」(20代女性)など、自分の意見を言えない男性に対してストレスを感じる女性います。女性の顔色をうかがう気持ちはよく分かります。しかし、男性の主張がない場合には、頼りないイメージを植えつけてしまいます。「俺は、◯◯したいけど、どうかな?」と、自分の意見を伝えつつ、相手の意見を聞いてみましょう。

  • 【5】「金がない。」を連呼する。

    「自分から『◯◯に行きたくない?』と振っておいて、当日、「お金ないよ」と連呼して、割り勘をアピールされた。」(30代女性)など「金がない。」を連呼するパターンです。デートにはお金がかかるものです。自分から率先して誘うのは、お金があるときにしましょう。

  • 【6】「まだ1回目のデートだからね!」と言い訳のように繰り返す。

    「待ち合わせ場所で会ったばかりの段階で、『まあ、まだ1回目だからね?』と次のデートを連想させる言葉を連発。こちらはそこまでの気持ちはなかったので、ちょっとひきました。」(20代女性)など、何度もデートをすることを想定したコメントを繰り返すことで女の子が引いてしまうパターンです。1回目のデートが終了したタイミングで、2回目のデートの参加意思が決まるものです。デート序盤から、2回目のデートがある前提での会話は控えた方が良いでしょう。

  • 【7】ひたすら歩き続ける。

    「お店を決められず、しばらく歩き回ったとき。こっちはヒールだし、歩き回ってテンションも下がり、帰りたくなりました。」(20代女性)、「体調があまり良くないときに2万歩は平気で歩くようなデートコースを選ばれ、グッタリしました。」(20代女性)など歩き続けることでグッタリしてしまう女性も多いようです。女の子はヒールを履いている場合、歩きづらいものです。女の子のことを考え、ムダに歩き疲れないデートプランを考えた方が良さそうです。

  • 【8】過去の栄光ばかり自慢する。

    「過去の栄光についての自慢話ばかりされて、正直腹が立ったので途中で帰った。」(20代女性)など自慢話に付き合わされることでウンザリしてしまうパターンです。女の子によく思われようとして、自慢話を披露したくなるものです。しかし、自慢話ばかりでは、女の子に嫌われる可能性があるようです。まずは女の子の話に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】食べカスをつけたまましゃべり続ける。

    「ドーナツを食べたあと、口の周りに白い粉をいっぱいつたままでいて、他の客の視線が気になり、テンション下がって疲れた。」(10代女性)など他の人の視線が気になってしまうパターンです。初デートとなる男性に対して、「口に何かついているよ!」と指摘するには勇気が必要です。食べる前に「口に何かついていたら、遠慮なく突っ込んでね!」と伝えておいたり、口の周りをこまめに拭くなどの対策が必要でしょう。

みなさんに思い当たる行動はあったでしょうか。折角、デートまで実現したのであれば、女の子に好印象を与え、次のデートに繋ぎたいものです。みなさんのデートにおける参考になれば、幸いです。
Photo:All images by iStock