ケンカしてもすぐに仲直りできるカップルの特徴9パターン


ちょっとした言い争いが大げんかに発展して、彼女と別れてしまった経験がある方も少なくないと思います。仲直りのコツを知れば、口ゲンカが別れにつながるという最悪の事態は避けられるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に、「ケンカしてもすぐに仲直りできるカップルの特徴」を考えてみました。

  • 【1】自分に少しでも非があれば、ソッコーで謝る

    「どっちも意地っ張りだと終わらないので」(20代女性)というように、自分は悪くないからと意地を張らずに、まず謝罪することが仲直りのコツと言えそうです。言い争いが収束したら、間髪いれずに謝ってしまいましょう。そして、お互いに冷静になることが先決です。

  • 【2】口頭で謝ったあとに、あらためてメールで気持ちを伝える

    「気持ちが整理されているので伝わりやすい」(30代女性)というように、ケンカ後、時間をかけてつくった謝罪メールは、想いが届きやすいようです。ただ反省の気持ちを込めるだけでなく、ケンカ後も彼女が大切な存在であることを添えるといいでしょう。

  • 【3】どんな大喧嘩のあとでも、「おやすみ」メールを忘れずに送る

    「仲直りのチャンスをくれてる気がする」(20代女性)というように、和解のきっかけに、気軽に返せる挨拶メールを送ってもらえると嬉しいという女の子もいます。「おやすみ」メールの下のほうに、謝罪の一言を入れると女の子もベッドの中で反省してくれそうです。

  • 【4】どちらか片方がすねていても、あえて普段通りに接する

    「いつの間にか二人とも普通に…」(20代女性)というように、ケンカしたからといってぎくしゃくせず、いつも通りに接しつづければ、関係修復が図れるかもしれません。相手が機嫌を直すまで、あくまでマイペースを貫きましょう。

  • 【5】「仲直りしようよ…」とケンカ後に必ずどちらかが切り出す

    「私からでもいいし、彼からでもいい」(20代女性)というように、深刻な事態に発展するまえに、仲直りを申し出るカップルも円満な付き合いが続きそうです。ただし、プライドが高い女の子と付き合っている場合は、自分から切り出すしかないでしょう。

  • 【6】「さっきはゴメンね」と、後ろからやさしく抱きしめる

    「私なら許しちゃうかな…」(20代女性)というように、ケンカ後は、言葉よりスキンシップのほうが仲直りにつながるという女の子もいます。ただし、彼女の怒りが全くおさまっていないときにやると、突き飛ばされてしまうかもしれません。

  • 【7】ケンカが一段落したら、一人の時間をつくり冷静になる

    「ちょっと距離を置くことも大切」(20代女性)というように、恋人と少しの間離れることで、気持ちを整理したい女の子もいます。「拒絶された」などと疑わず、そっとしておくことも大切です。ただし、自分から謝る姿勢を見せないと、時間があいた分、余計に仲直りがしづらくなるでしょう。

  • 【8】面白いテレビなどを見て、一緒に笑う

    「笑いのツボは重要。やっぱりこの人しかいないなって思う」(10代女性)というように、一緒のタイミングで笑うことが、仲直りの秘訣だという女の子もいます。二人とも好きなお笑い番組や映画を保管しておいて、「一緒に見よう」と誘ってみてもいいかもしれません。

  • 【9】常日頃から、ちょっとの不満も溜めずにお互い口に出しておく

    「溜めるから爆発しちゃうんだよ」(30代女性)というように、いつも言いたいことを言える間柄になっておけば、大げんかに発展することがなくなるかもしれません。彼女に対して、「不満があったら我慢せずに言って。ぼくも言うから」とお願いしておいてもいいでしょう。

「ケンカしてもすぐに仲直りできるカップルの特徴」にはほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock