付き合ってみてわかった「O型男性」の魅力9パターン


豪快さとのん気さを併せ持つタイプの多いO型男性ですが、その大らかな性格は、付き合う女性から意外と高い評価を得ているようです。そんなO型男性に乙女心をつかんで離さないテクニックを学ぶべく、今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「付き合ってみてわかった『O型男性』の魅力9パターン」をご紹介します。

  • 【1】些細なことで怒らない「広い心」

    「大らかでいつもニコニコしてる」(20代女性)など、ちょっとしたことでは怒らないO型男性の「広い心」は、彼女にとって安心して付き合える性質のようです。ただし、「溜めて溜めて爆発する」(10代女性)という意見も。不満の種は事前に対話で解消したいものです。

  • 【2】細かいことにこだわらない「アバウトさ」

    「良い意味で大雑把だから喧嘩にならない」(20代女性)など、神経質な部分がない「アバウト」な性格は、彼女との喧嘩を未然に防ぐようです。一方で、「テキトーすぎてたまに不安になる」(20代女性)という声も。彼女との会話はアバウトに流さないようにしたいものです。

  • 【3】歩幅や食事の速さなどを彼女のペースに合わせてあげる「協調性の高さ」

    「私のペースに合わせてくれるから、慌てなくていい」(30代女性)など、一緒にいる相手のことを見守ってあげられる「協調性の高さ」は、デート中のさりげないリードに役立つようです。焦らされることがなく居心地がいいという声もありました。

  • 【4】付き合ったら他の女性になびかない「一途さ」

    「社交的だけど、彼女以外の女性にまで優しくしないのが良い」(20代女性)など、彼女を誰よりも大切にするO型男性の「一途さ」は、恋人との信頼関係を築く上でうってつけのようです。八方美人に陥らないシッカリした意志を持っているとも言えそうです。

  • 【5】デートプランの引き出しも多い「独創的なアイデア」

    「意外とサプライズ好きで、予想がつかないデートを計画したりする」(10代女性)など、独特のセンスをもつO型男性の発想力は、彼女にミステリアスと思われていることもあるようです。デートプランを率先して決めると、女性を飽きさせずに済みそうです。

  • 【6】悩みごとなどもキチンと聞いてあげる「包容力」

    「親身になって励ましてくれる。冗談も上手くて話しやすい」(20代女性)など、彼女のちょっとした悩みごともキチンと聞いてあげられるO型男性は、「包容力がある」と思われるようです。持ち前の明るさでポジティブな助言をすれば、なお喜ばれそうです。

  • 【7】いつも行動が堂々としている「自分への自信」

    「あまり表に出さないけど自信家で、ついて行きたくなる」(20代女性)など、密かに「自信家」なO型男性の堂々とした振る舞いは、デート中に女性をリードしやすいようです。ただし、行き過ぎると「オレ様」な性格と思われるので注意が必要です。

  • 【8】面倒な恋の駆け引きをしない「ストレートな愛情表現」

    「歯の浮くようなセリフも自然に言ってくれる」(20代女性)など、普通なら照れてしまうような「直球の愛情表現」も、O型男性にはお手の物のようです。言葉の裏を読む必要がないので、彼女もオープンな愛情表現を返しやすいでしょう。

  • 【9】世話好きで彼女を守ろうとする「頼り甲斐」

    「私を守ろうとする気持ちがすごい」(20代女性)など、大切なものを守る気持ちの強いO型男性は、彼女から「頼り甲斐がある」と思われるようです。ただし、気持ちがいき過ぎて「独占欲が強い」(10代女性)と言われないように気を付けたいものです。

コラム中に書かれている血液型の特徴は、あくまで読者から寄せられた一部の意見です。血液型と性格の関連性に科学的根拠はありません。円滑なコミュニケーションのためのヒント程度に楽しんではいかがでしょう。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock