愛されてる気がする!とむしろ歓迎される嫉妬の仕方9パターン


ジェラシーや束縛は嫌われる原因ですが、それが全くないと不安になるという女の子もいるようです。では、どんなふうにやきもちを焼けば愛情として捉えてくれるのでしょうか? そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「むしろ愛されている気がしていいと感じる嫉妬の仕方」を教えてもらいました。

  • 【1】「できれば、ほかの男とあんまり話さないでほしい」という控えめなお願い

    「遠慮がちでいいと思った」(20代女性)というように、「男と話すな」などの強制は不快だけど、謙虚に頼むなら許せるようです。女の子に何かやめてほしいことがあるときは「もし可能なら…」というスタンスで伝えるといいかもしれません。

  • 【2】大勢で遊びに行くときの「男も来るの?」という不安げな質問

    「いたところで何にも起こらないのに…」(10代女性)というように、遊びに行く自分を心配する彼氏がいとおしいと感じることもあるようです。ただし、「男がいるなら行くな」などと命令すると強烈な束縛になってしまうので、あくまで問いかけにとどめましょう。

  • 【3】お互いの時間を尊重した上での「でも本当はいつも一緒にいたい」という言葉

    「本音がポロッと出ちゃった感じがイイ!」(20代女性)というように、一人の時間も大切にするという前提があっての「一緒にいたい」という言葉に愛を感じる女の子もいます。仕事が忙しくて彼女に寂しい思いをさせているときにも、言うと喜ばれる言葉かもしれません。

  • 【4】ごく稀に送られてくる「今どこにいるの?」という確認メール

    「心配している顔が浮かんだ」(20代女性)というように、普段はそっけない彼氏に、自分の居場所を気にかけてもらえて嬉しかったという女の子もいます。ただし、心配しすぎて確認メールを連発すると、逆効果になってしまうでしょう。

  • 【5】「元カレとだけは会っちゃダメ」などのやきもち発言

    「私も元カノだけには会ってほしくないし」(20代女性)というように、「昔の恋人だけは…」など対象を限定したやきもちは理解を得やすいようです。女の子がほかの男性と会うことに対して寛容な人ほど、刺さりやすいと言えるでしょう。

  • 【6】「不安になるから毎日メールして」など心配症ならではのリクエスト

    「どちらかというと女の子が言いそうなことだよね」(20代女性)というように、彼氏からの乙女チックなお願いを「かわいい」と感じる女の子もいるようです。彼女の負担を減らすために、「メールはいつでもいいし、一行でもいいから!」などとお願いするといいかもしれません。

  • 【7】「僕との予定より、友達のほうが大切なの?」などと拗ねて気を引く

    「手がかかる子どもみたいだよね」(10代女性)というように、彼氏の「いつでも自分が一番でいたい」という気持ちが愛らしいという女の子もいます。ただし、子どものように甘えた感じで言わないと、ただの束縛だと思われてしまいそうです。

  • 【8】「僕だけを見ていてほしいな」などのかわいい願望

    「フラフラしてた自分を反省した」(20代女性)というように、もっと自分に関心を持ってほしいというお願いはキュートに感じるようです。改まって伝えるよりも、寂しそうにサラッと伝えたほうが女の子の胸に刺さるかもしれません。

  • 【9】「何で俺にやいてくれないの?」という謎の嫉妬発言

    「私の愛が足りなかったのかしら…(笑)」(20代女性)というように、男性の「嫉妬をしない→全力で愛していない」という考え方を知り、反省する女の子もいるようです。ただし、「全力で愛するのが義務」のような考えを押しつけるとドン引きされるので、「たまには俺も嫉妬されたいのに…」くらいに留めましょう。

「『愛されている気がする』とむしろ女の子に歓迎される嫉妬の仕方」にはほかにどんなものが考えられますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock