「友達としては好き」でも、恋愛対象には見られない男性の特徴9パターン


すぐに女性と親しくなれるタイプの男性は、女友達が多いもの。しかし、あくまでも「お友達」以上には発展せず、恋愛対象としては見られていないケースも意外とあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「『友達としては好き』でも、恋愛対象には見られない男性の特徴9パターン」をご紹介します。

  • 【1】友達みんなに親切で、優しくされても「特別感」がない

    「誰にでも優しい人は付き合いやすいけど、ドキドキしない」(10代女性)など、女性に対して別け隔てなく接する男性は、周囲の評判は上々でも決め手に欠けるようです。「好きだ!」と思った女性には、他の人とは違う態度で接したほうがよいでしょう。

  • 【2】「女の子の方が付き合いやすい」と言って女友達ばかりと遊んでいる

    「どれだけ仲良しになっても、男っぽさは感じない」(20代女性)など、あまりにも女友達の輪に溶け込んでいる男性は、「異性」を感じさせないため彼氏候補にはなりづらいようです。男女の違いをハッキリ意識させて付き合ったほうが、恋愛につながるチャンスは多そうです。

  • 【3】優柔不断で、いつも他人の意見に押し切られている

    「お人好しでいい人とは思うけど…」(20代女性)など、周囲の意見に流されるタイプの男性は、頼りがいに欠け、恋愛対象としては物足りないようです。多少強引であっても、日頃から女性をリードする決断力をアピールしたほうが、男らしいと思ってもらえそうです。

  • 【4】盛り上げ役タイプで話が面白いが、自分ばかり喋っている

    「友達と一緒ならいいけど、二人きりだとしんどい」(20代女性)など、話上手な男性はエンターテイナーとしては魅力的でも、女性を疲れさせるようです。二人になったら相手の話を聞くに徹するなど、使い分けを意識すると女性を惹きつけられそうです。

  • 【5】「彼女が欲しい」という気配を一切感じさせない

    「そもそも恋愛する気がなさそう」(20代女性)など、恋愛への興味をまったく感じさせない男性には、女性は遠慮してしまうようです。ときには「彼女が欲しい」と公言するなど、やる気をアピールしたほうが女性も意識してくれそうです。

  • 【6】母親の言うことに逆らえないなど、親離れできていない

    「お子様は男性として見られない」(20代女性)など、精神的に自立できていない男性は、彼氏候補には不足と思われるようです。自分のことは自分で決める、自分の行動に責任を持つなど、大人として成長することが魅力を高める一歩になりそうです。

  • 【7】いつもニコニコしていて、本心で何を考えているかわかりづらい

    「表面的な付き合いしかできない」(20代女性)など、喜怒哀楽の起伏が薄いタイプの男性は、女性との壁ができやすいようです。嬉しい、悲しい、寂しいなどの気持ちを素直に見せることで、踏み込んだ関係になるチャンスが増えそうです。

  • 【8】普通に下ネタで笑いあえてしまう

    「完全に友達モードだから、恋愛は無理」(20代女性)など、まるで同性同士のように下ネタで爆笑できてしまう相手とは、初々しい恋愛は期待できないようです。気になる女性に対しては、あからさまな下ネタトークは避けたほうがよいでしょう。

  • 【9】友人から平気でお金を借りるなど、金銭感覚がルーズ

    「自分の彼氏だったら苦労しそうだから嫌」(20代女性)など、友人関係のなかで金銭的にルーズな性格が伝わると、女性は一歩引くようです。友人関係にお金の話は持ち込まないなど、ケジメのある付き合いを意識するべきでしょう。

ほかにも、「『友達としては好き』でも、恋愛対象には見られない男性の特徴」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock