友達から「女の趣味悪いな」と言われたときの大人な切り返し9パターン


自分の好きな女の子をバカにされたら腹が立つのも当然ですが、だからといってムキになるのも時間のムダ。機転の利いた返事で即座に相手を黙らせたいところです。そこで今回は、スゴレンの男性読者のみなさんの意見を参考に、「友達から『女の趣味悪いな』と言われたときの大人な切り返し」を考えてみました。

  • 【1】「みんな好みが違うから、世の中うまく回るんじゃん」と一般論でごまかす

    「実際、イケメンとカワイイ子のカップルばっかりじゃないし」(10代男性)というように、人の好みは千差万別で、一人の価値観では測れないことを伝えてみるといいでしょう。沈着冷静に伝えれば、好みをバカにした相手は自分の器の小ささを恥じるかもしれません。

  • 【2】「俺らしい選択だろ?」と言って、好みの違いをアピールする

    「いろんな好みがあっていいじゃん」(20代男性)というように、自分にとってはベストチョイスだと伝えれば、それ以上好みを否定されなくなりそうです。少し冗談っぽくドヤ顔で伝えると、否定されてもめげない男の余裕が相手に伝わるかもしれません。

  • 【3】「好きになったんだからしょうがないじゃん」と言って友達を黙らせる

    「それ以上ツッコんでくるヤツはいない。しょうがないことだから」(10代男性)というように、恋は誰も止められないものだと言えば友達も口をつぐむでしょう。ただし、ムキになると面白がられる可能性があるので、あまり感情的にならずにボソッと伝えるくらいがちょうどいいかもしれません。

  • 【4】「でも、あんなに目が綺麗な子はいないよ」と好みの女の子をフォローする

    「知らないところで悪く言われた女の子がかわいそう…」(10代男性)というように、悪口を言われた女の子をかばえば、友達も反省してくれそうです。また、友達も認めるようなチャームポイントを伝えれば、女の子の魅力に気づいてくれる可能性もあります。

  • 【5】「自分がそう言われたら、なんて思うよ?」と言われた立場にならせる

    「誰だってブス専なんて言われたくないでしょ」(10代男性)というように、友達に「趣味が悪い」と言われた時のことを想像させるという男性もいます。目を見て真剣に伝えれば、言われたほうのつらさも察してくれるでしょう。

  • 【6】「俺は怒んないけど、ほかのヤツには言わないほうがいいぞ」と忠告する

    「本当は怒ってるんだけどね…」(10代男性)というように、好みをバカにするとケンカに発展しかねないことを友人に分からせるという男性もいます。「普通だったら絶交だぞ」などと付け加えれば、事の重大さに気づいてもらえそうです。

  • 【7】「だから友達でいられるんじゃね?」など、恋敵にならないですむことに気づかせる

    「実際、好きな人が同じだとしんどいし」(10代男性)というように、好みが重なったら友情にヒビが入る可能性があることを伝えてみるのもいいでしょう。親友かそれに近い友達に対して言えば、共感してもらいやすいかもしれません。

  • 【8】「いや、俺以外の男の全員の趣味がおかしいんだ」と言い切る

    「何言っても意味ないと思うはず」(20代男性)というように、まわりがおかしいと言いきってしまえば、友達はぐうの音も出ないでしょう。とはいえ、「俺にはオマエの趣味のほうが理解できない」と友達の好みを否定すると同類になってしまうのでやめたほうがいいかもしれません。

  • 【9】「えっ…」と言ったまま、男友達の顔を悲しい目で見つめる

    「友達にそんなこと言われるとは思ってないし」(10代男性)というように、ショックを受けたことを素直に表すという人もいます。さすがに涙目で訴えかければ、友達も悪いことを言ってしまったと反省してくれるでしょう。

「友達から『女の趣味悪いな』と言われたときの大人な切り返し」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock