女性が「こいつ、2人の関係に安心し切っている…」と彼氏に不満を感じるとき9パターン


「男は釣った魚にえさをやらない」とよく言われますが、関係が円熟するにつれ、そこにアグラをかく男性に不満を持つ女性は少なくないようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「女性が『こいつ、2人の関係に安心し切っている…』と彼氏に不満感じるとき」をご紹介します。

  • 【1】メールの回数が激減し、内容も「了解」などの一言になったとき

    「あの頃は良かったなぁとよく思い出しています」(20代女性)など、付き合いはじめと比較してメールの質と量の激変ぶりに幻滅するパターンです。常に全力のメールを送るのは大変かもしれませんが、時には愛情たっぷりのメールを送ることを心がけましょう。

  • 【2】別々に過ごした日の報告をしようとしたら「どうせいつも通りだろ」と決めつけてきたとき

    「浮気なんてしないと高をくくっている」(20代女性)というように、自分に対する危機感を微塵も感じていないことに彼女が不満を覚えるケースです。彼女が変わらぬ日常を過ごしていると思っても、「今日はどうだった?」と聞くのが礼儀ではないでしょうか。

  • 【3】「じゃあ、もうやめよう」とすぐに別れを口にするようになったとき

    「私がイヤと言うのを分かっているのがムカつく」(20代女性)など、男性が彼女の気持ちを知って上に立とうとするパターンです。おごり高ぶる態度の積み重ねが彼女に別れを決意させることもあります。“切り札”の連発は自分の首を絞めるだけでしょう。

  • 【4】お泊まりデートをしても、たいして会話もなく爆睡されたとき

    「この態度、ナメ過ぎ!」(20代女性)など、男性が彼女を女として扱わなくなってきたことに怒りを爆発させるケースです。女性はコミュニケーションを深めることで恋人との心のつながりを感じるもの。彼女と愛を交わした後こそ、親密な会話を通じて心を通わせる努力をすべきではないでしょうか。

  • 【5】「お前は何があっても俺を待ってるもんな」などと、自分にぞっこんと思っているふしが見えたとき

    「この自信が腹立つ!」(20代女性)など、愛されているとうぬぼれ、彼女のことを侮っている男性に不満を持つパターンです。彼女から注がれる愛情を盾に傲慢な態度を取っていないか、今一度自分自身を見つめ直しましょう。

  • 【6】記念日の過ごし方が普段のデートと変わらなかったとき

    「一周年記念がいつもと同じ居酒屋で…」(30代女性)など、男性に彼女を喜ばせようとする努力が見られないことに失望するケースです。女の子は、口では「記念日もいつもと一緒でいいよ」と言っても、本心では特別な過ごし方を求めているようです。

  • 【7】一緒にいてもほったらかしでゲームに熱中されたとき

    「私なんか眼中にないってこと?」(20代女性)など、男性が露骨に放置プレイすることに彼女が愕然とするパターンです。彼女が電話中などであれば別ですが、基本的にデート中や2人きりの状況では許されない行為といえるでしょう。

  • 【8】平気でオナラやゲップを連発するようになったとき

    「昔はこんなのあり得なかった」(20代女性)など、男性の完全なる慢心にがっかりするパターンです。男性は「オナラやゲップは気を許しているからこそできる」と考えがちですが、女性は自分が大事にされていないと思うこともあるようです。

  • 【9】デートをドタキャンしたりしても、反省の態度が見られなかったとき

    「私が怒らないと思ってるんでしょ」(20代女性)など、男性が「彼女相手なら何でも許される」と思い込んでいるケースです。相手に迷惑をかけたら謝るという常識がない男性は幻滅されると覚えておきましょう。

ほかにも「女性が『こいつ、2人の関係に安心し切っている…』と彼氏に不満感じるとき」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock