「やっぱり私は友達どまりか…」と女の子がショックを受ける一言9パターン


男女の友情が恋愛に発展するのはよくあること。しかし女の子を友達扱いしすぎたせいで、友達以上の関係になれないケースもありそうです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんが、男性に言われて「『やっぱり私は友達どまりか…』とショックを受ける一言」を教えていただきました。

  • 【1】子ども扱いにショックを受ける「妹みたい」

    「妹とは付き合えないよね…」(20代女性)というように、愛着を持たれていることをうれしく思いつつも、男性に女として見られていない気がするようです。「自分を飾らずにすむ」「守ってあげたくなる」などと妹のように感じる「理由」だけを伝えると、女性が喜んでくれるでしょう。

  • 【2】「女なのが残念」と言われた気がする「○○が男なら親友になれるのにな」

    「うれしいんだけど、さみしくもあり…」(20代女性)というように、男性が「友達への賛辞」として発していても、女性にとっては「結局は親友にも恋人にもなれない」と宣言された気がして落ち込むようです。「気が合うね」のようにシンプルな表現のほうが女の子にとってはうれしいのでしょう。

  • 【3】「彼氏がほしい」と言ったときの「合コン行けば?」

    「とっても冷たい感じ…」(30代女性)というように、自分に対する男性の無関心さに女性は大きなショックを受けるようです。女の子がなぜ「彼氏がほしい」と言ったのか、「身近にいい人いないの?」などと質問して女の子の本心を探ってみるといいかもしれません。

  • 【4】自分が眼中にないことを知る「彼氏つくらないの?」

    「それって、ほかの誰かと付き合えってことだよね」(20代女性)というように、男性が恋人になることはないという前提で話されている気がするようです。「つくろうと思えばすぐに彼氏ができそう」などと言いかえれば、異性として見ていることが伝わるでしょう。

  • 【5】女として意識されていないと悟る「お前は気を使わなくていいからラク」

    「いやいや、少しは気を使えよ…」(20代女性)というように、「気を使わない」のは、女性に好意がないためにカッコつける必要がないからだと思うようです。たとえ友達であっても、心の底では「女の子扱い」されたいと思っていることを頭の片隅に入れておきましょう。

  • 【6】「私じゃダメなの…?」と落ち込む「誰かいい人紹介して」

    「私以外の誰かいい人ってことだよね…」(20代女性)というように、男性から「恋愛対象外」を宣告された気分になるようです。相談相手の女の子が、自分に対してどんな気持ちを持っているのか探ってからにしたほうがいいでしょう。

  • 【7】好きな女性にはまず言わない「ひょっとして太った?」

    「嫌われてもいい相手にしか言わないよね」(30代女性)と考えてしまい、自分が「どうでもいい存在」であることにショックを受ける女の子もいます。気心が知れた女の子に対しても、軽い気持ちで体型をいじるのはやめましょう。

  • 【8】好きな男性のタイプを話したときの「興味ないし(笑)」

    「いくら友達とはいえ、ちょっとショック」(20代女性)というように、「いまさら女ぶるなよ、めんどくせぇ」と男性に言われた気分になって傷つく女性もいるようです。興味がないからといって余計な口を挟まず、話に耳を傾けましょう。

  • 【9】自分が入るスキがないと感じる「今、充実しているんだよね」

    「つまり、彼女いらないってことだよね」(20代女性)というように、心がすでに満たされている男性には、想いを伝えにくいと感じるようです。「一人の部屋に帰るとさみしい」と弱音を吐くなど、少しスキがあるほうが女の子にアプローチされやすいのかもしれません。

「『やっぱり私は友達どまりか…』と女の子がショックを受ける一言」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock