男性に好印象を与えるために、女の子があえてセーブしていること9パターン


好きな男性の興味を引くために、背伸びしたり、努力したりするのが女心。中にはちょっと我慢しながら頑張っていることもありそうです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「男性に好印象を与えるために、女の子があえてセーブしていること」をご紹介します。

  • 【1】満腹になるまで食べること

    「ガツガツ食べる姿を見られたら引かれると思う…」(20代女性)など、男性の前で食事することに恥じらいを感じる女の子もいるようです。食事の際、「いっぱい食べる人が好き♪」とアシストしてあげると、女の子も普段通りの量を食べやすくなるのではないでしょうか。

  • 【2】デート中などに何度もトイレに行くこと

    「『よく用を足す人』なんて思われたくない!」(20代女性)など、恥ずかしさからトイレに行くのを控える女の子もいるようです。女の子の自ら口にしづらい心境を察し、飲食店を出る前などには「トイレ大丈夫?」と一声かけてあげましょう。

  • 【3】会話中に自分の知識をポンポン出すこと

    「無知なフリをしたほうが、男性がノリノリになって教えてくれるから」(20代女性)など、女の子が意図的に男性を「物知りな男」に仕立てあげるケースです。上から目線で「お前そんなことも知らないの?」などと言ってしまいがちな人は、女の子が知らないフリをしていることもあると覚えておきましょう。

  • 【4】男女交際に関して、リアルな経験人数を語ること

    「恋バナをたくさんすると、男の人って引くから…」(30代女性)など、遊んでいる印象を与えないよう、交際経験を少なめに語るケースもあるようです。派手な恋愛経験を持つ女性が苦手な人は、極力、昔の恋愛話を引き出そうとしないほうがいいでしょう。

  • 【5】「わかるわー」などの男っぽい言葉で話すこと

    「これじゃあカワイイと思ってもらえない…」(20代女性)など、言葉遣いで印象を悪くしないよう、注意している女の子もいるようです。たまに男っぽい言葉が漏れても、「そういうところ結構好き(笑)」とすかさずフォローしてあげれば、女の子も安心できるでしょう。

  • 【6】コスプレ好きなどのハードなオタク趣味を楽しむこと

    「これから仲良くなるって段階では絶対に言えない」(20代女性)など、男性からの共感を期待できなそうな趣味は隠してしまう女の子も多いようです。マニアックな趣味に対する耐性がない人は、最初からその旨を伝えておくのも手です。

  • 【7】洗濯物がたまっていたり、部屋が汚いなどの怠惰な生活を白状すること

    「こんなこと言ってプラスになるわけがない(笑)」(20代女性)など、生活力の低さを隠している女の子もいるようです。「洗濯って着るものがなくなるまでやらないよ」などとカマをかけたとき、「だらしない!」と怒ったり、「えー、それはちょっと…」と引かないようなら、生活力の低いタイプと疑ったほうがいいかもしれません。

  • 【8】毎日電話しないと怒るなどのワガママを言うこと

    「束縛が嫌いな男性は多いから…」(10代女性)など、カップルの決めごとに関する話題を控える女の子もいるようです。付き合う前に女の子がどんなワガママを言うタイプか知りたい場合は、「これから付き合う彼氏にひとつだけお願いするとしたら何?」と聞いてみるといいかもしれません。

  • 【9】面白い話に手を叩き、口を大きく開けて爆笑すること

    「下品な女と思われるのは嫌!」(10代女性)など、爆笑するとはしたない印象を与えると考える女の子もいるようです。リアクションが薄くて物足りなさを感じたら、「好きなタイプはよく笑う子」などとさりげなくアピールしてもいいかもしれません。

ほかにも、「男性に好印象を与えるために、女の子があえてセーブしていること」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock