好きな男性のだったらたまらない!グッときてしまうニオイ9パターン


「においフェチ」という言葉があるように、一部の女性にとっては、一般的には不快と感じる男性のニオイも魅力的に感じられる場合があるようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「『好きな男性のだったら、たまらない!』と女性が密かに思っているニオイ9パターン」を紹介します。

  • 【1】爽やか&セクシーな印象の「運動後の汗のニオイ」

    「スポーツ後や、外回りから帰ったときに漂う男性の体臭がスキ」(20代女性)と、活動的な男性の姿と合わせ、汗臭さを好意的にとらえる女性もいるようです。スポーツマンな男性はそれだけで女性に好印象なので、気になる人をジョギングなどに誘ってみるのもいいかもしれません。

  • 【2】お洒落な男性というイメージの「きつい香水のニオイ」

    「ファッションの一部と思えば許せてしまう」(10代女性)など、服装のセンスが良い男性の場合、好印象となるケースも稀にあるようです。好きな女性に「いい香りだね。まねしていい?」と言って同じ製品をつけてみると、親しみを感じてもらえるかもしれません。

  • 【3】男性のフェロモンを感じてドキドキする「ワキのニオイ」

    「かすかなワキ臭に男らしさを感じる!」(10代女性) と、大好きな相手のものなら、かえってそそられるという女性も、少数ながらいるようです。「ほのかなニオイ」であることが絶対条件ですが、計算してニオイを出すというわけにはいきません。まずは制汗剤やデオドラントシートで、きちんとワキ汗のケアをしましょう。

  • 【4】大人の色香を感じさせる「タバコのニオイ」

    「かすかな残り香にクラッとする」(20代女性)というように、紫煙の香りにダンディズムを感じる女性も中にはいるようです。とはいえ、タバコが苦手という女性も多いので、初対面の相手には「吸ってもいい?」と聞き、女性が苦手なようなら喫煙は控えましょう。

  • 【5】お父さんの記憶がよみがえり、ほっとする「加齢臭のニオイ」

    「いいニオイではなくても、どこか包まれるような安心感」(10代女性)など、父親との記憶を思い出すのか、オヤジ臭に安らぎを感じる女性もいます。普段から女性の相談に乗るなど、面倒見のよさをアピールすると、加齢臭が魅力に転じることもあるかもしれません。

  • 【6】臭いのになぜかクセになる「足の裏のニオイ」

    「不思議と嗅ぎたくなる」(30代女性)と、愛する男性であれば、悪臭の代名詞とも言えるこのニオイが好きという女性もごく一部にはいるようです。ただし、多くの女性にはまず受け入れられないニオイなので、防臭効果のある靴下を履く、革靴には通気性のよい中敷を用いるなど、しっかりニオイ対策をしましょう。

  • 【7】キスをする際、何を食べたかまでわかってしまう「口のニオイ」

    「生活感が感じられてよい」(20代女性)と、大好きな相手なら、嗜好が透けて見える口臭に魅力を感じるケースもあるようです。ただし、キムチやニンニク、納豆のような強すぎる香りは逆効果になるので要注意です。

  • 【8】いつもと違う男性の一面を感じる「酒臭いニオイ」

    「普段マジメな人から漂ってくるとドキッとする」(30代女性)など、堅いと思っていた男性の普段とは違う一面に魅力を感じる女性もいるようです。お酒が苦手でも、ギャップという意味では、セクシーな香りの香水をつけるなどでも、女性をドキッとさせられるかもしれません。

  • 【9】普段は隠すものだからこそ魅力的な「オナラのニオイ」

    二人の関係が深まる時期のオナラは「気を許してくれてる気がする(笑)」(20代女性)と、好意的に解釈してもらえることがあるようです。とはいえ、本当に臭いオナラには、幻滅される危険があるので、うっかりオナラをしたら、「ごめんね」の一言が必要です。

ほかにも、女性から「好き」と言われたことのあるニオイがあれば聞かせてください。ご意見をお待ちしています。(Office Ti+)
Photo:All images by iStock