彼女を不安でいっぱいにしてしまう「悪気のないLINE」9パターン


自分では何気なく送ったつもりのLINEのせいで、愛する彼女を不安な気持ちにさせているとしたら、それほど不本意なことはないでしょう。とくに普段から「言葉足らず」で誤解を招きやすい人は、注意したほうがいいかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケート調査を参考に、「彼女を不安でいっぱいにしてしまう『悪気のないLINE』」をご紹介します。

  • 【1】返信がものすごく遅かったうえでの「もう寝る」

    「『遅くなってごめん』も何もないと、私何か気に障ることでもした?と不安になります」(20代女性)など、さんざん待たせた挙句、愛想のない文面を返したせいで、彼女を落ち着かない気持ちにさせるパターンです。たとえLINEでやりとりするような気分でなかったとしても、「今日はヘトヘト。もう寝る。また明日ね」などと書けば、彼女も納得してくれるのではないでしょうか。

  • 【2】いつもは入っている絵文字やスタンプなしで、単語だけの「了解」

    「ビジネスライクな折り返しは、冷たいなと感じますね」(20代女性)など、業務連絡的な返事のせいで、そっけないと思われてしまうパターンです。見た目がユーモラスなだけで与える印象はずいぶん変わるので、面倒なときでもさっと使えそうなキャラスタンプをいくつか用意しておくと便利かもしれません。

  • 【3】相手の名前を言わずに「友人と飲んでくる」

    「私に言えない相手なの?と問い詰めたくなります」(20代女性)など、同席者を告げずに「飲んでくる」とだけ伝えることで、彼女にあらぬ疑いを掛けられてしまうパターンです。自分の交友関係をすべてさらけ出す必要はありませんが、「会社の上司」「高校時代の親友」などと相手の情報を付け加えるだけで、彼女をヤキモキさせずに済むでしょう。

  • 【4】前触れなしに突然の「今日は考えたいことがあるから、また」

    「考えたいことって何?相談してくれないの?と悲しくなります」(20代女性)など、悩みがあるそぶりを見せながらも彼女を頼る気配を見せないせいで、ひどく傷つけてしまうパターンです。自分のことで頭がいっぱいでも、せめて「考えたいことの内容」を伝えて「ごめんね」とつけ加えれば、理解を得られるのではないでしょうか。

  • 【5】深刻な雰囲気が漂う「今度ちょっと話がある」

    「もしかして別れ話!?とパニックになります」(20代女性)など、意味深な表現を使ったために、彼女を慌てさせてしまうパターンです。相手がどう受け止めるのかを想像しながら、慎重に文面を考える癖をつけたほうがいいでしょう。

  • 【6】真意を測りかねる「俺なんかが彼氏でいいの?」

    「別れを切り出そうとしてるのか、何なのか、悩んでしまいます」(20代女性)など、唐突に交際を疑問視するようなことを告げて彼女を混乱させてしまうパターンです。思いついたことをパッと書くのではなく、前後の文脈などを意識するようにしましょう。

  • 【7】何を謝っているのか不明な「今までごめんね」

    「意味がわからない。もしかして二股?と勘ぐってしまう」(20代女性)というように、何の説明もなくいきなり謝ることで、「何か大きな秘密を隠してるのでは?」と彼女を疑心暗鬼にさせてしまうパターンです。「今まで忙し過ぎてごめんね」などと順を追って伝えるようにしましょう。

  • 【8】「次いつ会える?」と聞いたら「忙しいからわからない」

    「いつ会えるかわからないって…ひどくないですか?」(20代女性)など、会いたがる彼女に対するにべもない返事のせいで、へこませてしまうパターンです。せめて「来週なら」とおおざっぱにでも見通しを伝えれば、彼女も納得して、「無理しないで」と応援してくれそうです。

  • 【9】何の説明もない「しばらく連絡できない」

    「悲しすぎて『だったらもういいや』と思ってしまう」(20代女性)など、理由も告げずに「しばらく連絡できない」とだけ言い放ち、彼女に拒絶のニュアンスを感じさせてしまうパターンです。「しばらく」というあいまいな言葉で片づけず、「明日から1週間海外出張だから」などと、具体的な日数と理由を添えましょう。

ほかにも「何気なく送ったLINEで彼女を不安にした」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(橘しげる)
Photo:All images by iStock