顔や収入より「優しい人」を選んでよかった!と思う瞬間9パターン


女性がパートナーを選ぶ基準は、収入・容姿・性格などさまざまです。では性格に惹かれて付き合った場合、女性が「お金や外見より優しさを重視して正解だった」と感じるのは、どのような場合なのでしょう。『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートから、「『顔や収入より、優しい人を彼氏に選んでよかった!』と彼女が思うとき9パターン」を紹介します。

  • 【1】「いつもありがとう」と、素直に感謝の言葉を言われたとき

    「『ありがとう』という言葉がやっぱり嬉しい」(30代女性)というように、素直に感謝の思いを口に出せる男性に、女性はキュンとするようです。「言わなくてもわかるだろ」などと思わず、はっきり気持ちを伝えるようにしましょう。

  • 【2】小さい子供やお年寄りにも丁寧に接する姿を見たとき

    「自分より弱い人にどう接するかで、その人の本性が分かる」(30代女性)と、子供や老人への態度から、彼氏の本当の優しさを見抜く女性もいるようです。電車で老人や子供に率先して席を譲るなど、普段から紳士的な態度を心がけましょう。

  • 【3】仕事が忙しいときでも「不安にさせたくないから」と二人の時間を作ってくれたとき

    「仕事を調整して時間を作る努力をしてくれる彼が大好き!」(20代女性)と、多忙を言い訳にせず、こまめに彼女とコミュニケーションを取る男性に、女性は優しさと愛情を感じるようです。どうしても会えない場合は、せめて毎日メールをするなどの工夫を凝らしましょう。

  • 【4】仕事の愚痴などを嫌がらずに最後まで聞いてくれたとき

    「とりとめのない愚痴や仕事の弱音を黙って聞いてくれる彼に惚れなおした」(20代女性)と、悩みや悲しみを受け止めてくれる男性の器の大きさも、女性にとって重要なようです。「辛いことがあったら何でも言ってね」と、普段から伝えておくと良いでしょう。

  • 【5】合コンの誘いをキッパリ断って、自分とのデートを優先してくれたとき

    「夜遊びをするイケメンより、私とのデートを優先してくれる人がいい!」(20代女性)と、自分と会う時間を第一に考えてくれる男性の姿に優しさを感じる女性が多いようです。彼女とデートの先約がある場合、友人との誘いはなるべく断った方が良いでしょう。

  • 【6】重い荷物を持ってくれるなど、マメに自分を気遣ってくれるとき

    「イケメンよりも、何気ない気配りができる人にキュンとくる!」(20代女性)など、かいがいしい男性の態度に対し、女性は、「私は大事にされている」と好印象を抱くようです。女性と歩く時は車道側を歩く、ドアは自分が率先して開けるなど、普段から気をきかせましょう。

  • 【7】あえて厳しいアドバイスをズバッと言ってくれたとき

    「悩みを相談したとき、自分の悪い点をちゃんと指摘してくれる人に思いやりを感じる」(30代女性)と、男性からのアドバイスを「優しさ」と感じる女性もいるようです。言葉を濁さず、彼女が改善すべき点をしっかり指摘した方が良いかもしれません。

  • 【8】コツコツ貯金したお金でプレゼントをくれたとき

    「私のために貯金してくれていたことに愛を感じる」(40代女性)など、値段に関係なく、長期間自分のためにお金をやりくりしてくれた姿勢に愛を感じるようです。プレゼントを渡すときに、貯金していたことをそれとなく伝えてみてはいかがでしょう。

  • 【9】ケンカした後、「俺が悪かった」と素直に謝ってくれたとき

    「意地を張らずに謝罪出来る人は大人だなと思う」(10代女性)など、ケンカをした後、率先して自分の非を認められる人に魅力を感じる女性も多いようです。たとえ「自分が間違っていた」と思っていなくても、キツイ言い方をしたら自分から謝ることが大事でしょう。

いかがでしたか? このほかに、「顔や収入よりも優しい彼氏を選んで良かった!」と女性が思いそうな状況があれば、ご意見を聞かせてください。(森石豊/Office Ti+)
Photo:All images by iStock