「優しくされると辛い…」と女の子を苦しませる、振った相手への接し方9パターン


告白して振られる方はもちろん辛いですが、振る側もなかなか辛いもの。とはいえ、中途半端に優しさを見せると、振られた女性は余計に辛くなるようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者に聞いた、「『優しくされると辛い…』と女の子を苦しませる、振った相手への接し方」を紹介します。

  • 【1】「俺よりいい人がきっと見つかるよ」と励ます

    「今はあなた以上は考えられないのに…」(10代女性)と、自分を忘れさせるために言った言葉も、相手にとっては未練が残るだけの場合もあるようです。くれぐれも、「いいヤツ紹介するからさ」などとは口にしないほうが良さそうです。

  • 【2】別れ際に「ごめんな」と言いながら頭をなでる

    「振るならそんなことしないでほしかった。余計好きになっちゃいそう」(10代女性)と、謝りながらも優しくされて、ますます困惑してしまった人もいるようです。女性への「頭ぽんぽん」は、この時ばかりは封印したほうが良さそうです。

  • 【3】「今は友達としてしか見れないけど、この先は分からない」と期待を残す発言をする

    「じゃあどうすればいいの? 新しい人を好きになる気にもなれないし…」(20代女性)と、曖昧な返事をされ、気持ちの行き場がなくなってしまう人もいるようです。一途な女性がその後何年間も片想いを続ける可能性もあるので、本人のためにもキッパリ振るのが誠実かもしれません。

  • 【4】「俺のせいで落ち込んでない?」とわざわざ心配するメールを送る

    「付き合うことはできないくせに、心配しないでほしい。余計泣きたくなる」(10代女性)と、傷つけたことを反省し心配メールを送っても、ますます傷をえぐるだけのようです。こういう場面では、振った本人ではなく周囲の友達が心配してあげたほうが良さそうです。

  • 【5】「◯◯のこと嫌いじゃないんだけど…」と気を使ってフォローをする

    「思わせぶりでむなしくなる。むしろ突き放してくれるほうが立ち直れる」(20代女性)と、男性のハッキリしない態度のせいで気持ちの整理ができない人もいるようです。「人としては好き」などのセリフも相手を悩ませる恐れがあるので、余計なフォローはしないほうが後腐れがなさそうです。

  • 【6】ふさぎこんでいたら「悩みを抱え込んだらだめだよ」と相談相手になろうとする

    「誰のせいで悩んでるのか察してくれ」(10代女性)と、あまりに鈍感な発言に対し、ますます悩みの底に沈んでしまう女性もいるようです。最低でも、振った後数日間くらいはそっとしておきましょう。

  • 【7】「これからも友達でいよう」と交友関係を絶やさないよう提案する

    「あなたはそれでいいかもしれないけど、私はムリに決まってる!」(20代女性)と、男性にとって「都合のいい」お願いは、女性には受け入れがたいもののようです。女性のほうから「友達でいて」と言われない限り、自分勝手な提案は避けたほうが良さそうです。

  • 【8】「昨日ちゃんと眠れた?」と相手の体調を気遣う言葉をかける

    「『無理するなよ』と声をかけてくれて、嬉しい反面振られた現実を突きつけられた」(30代女性)と、体を気遣う優しさに、心がかき乱された人もいるようです。弱っている時の優しさほど仇になることも多いので、心配でもそっとしておいたほうがいいでしょう。

  • 【9】教室で目があったときなど、優しいまなざしで微笑み返す

    「ニコッとされても、私は笑顔を返せないし…」(10代女性)と、片思いのときはキュンとくる笑顔も、振られた後ではズキンと胸を刺すナイフになるようです。女性に気を使っているつもりでも、振った直後はある程度の距離をおくのが本当の優しさかもしれません。

ほかに「『優しくされると辛い…』と女の子を苦しませる、振った相手への接し方」には、どのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock