好きだと相手に悟られないよう言ってしまう「心と裏腹な発言」9パターン


女子のなかには「好き」を隠すために、つい本音とは違うことを言ってしまう場合もあるようです。では、そんな天邪鬼な女子の発言には、どのようなものがあるでしょうか。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に「好きだと相手に悟られないよう言ってしまう『心と裏腹な発言』9パターン」を紹介します。

  • 【1】男性に褒められたときの「そんなこと思っていないくせに」

    「恥ずかしくてつい…」(20代女性)など、ドキッとした気持ちを隠すためにこう言ってしまう女子もいるようです。「いや、本当にすごいよ」と真顔で褒めれば、赤面したり、照れたりしながら、最終的には「ありがと」と言ってくれそうです。

  • 【2】心配してくれても強がって「私は大丈夫だから」

    「本当は全然大丈夫じゃないー(泣)」(20代女性)というように、心配してほしいときほど強がってしまう女子もいるようです。女子の「大丈夫」イコール「ダメ」と考え、少し強引なくらいに「俺に甘えろ」と言えば、思い切って胸に飛び込んできてくれるかもしれません。

  • 【3】「彼女がほしい」と言われて「友達、紹介してあげるよ」

    「私に女子を紹介させるなんてひどいっ」(20代女性)など、心のなかで泣きながらこう言っている女子もいるようです。多くの女子は「男子からの直球勝負」を期待しているので、「彼女がほしい」という「ほのめかし」ではなく、「君が好き」とダイレクトに伝えたほうがよさそうです。

  • 【4】髪型を変えて格好よくなった男子に「ダッサー」

    「眩し過ぎてからかうしかなくって」(10代女性)というように、素直に男子を褒められない女子もいるようです。本当にダサいと思う相手に面と向かって「ダサい」とは言わないので、「口の悪さは愛情の裏返し」と考え、「カッコいいだろ。『うん』と言えー!」とからかうのも一つの手でしょう。

  • 【5】ふと距離が縮まった瞬間に「キモイ、邪魔」

    「照れ隠しで思わず…」(10代女性)など、トキメキ過ぎて自分でも「しまった!」ということを言ってしまう女子もいるようです。「ふーん。じゃあ、あっちに行こうかなー」と凹んだ様子を見せれば、モジモジして「悪かった」と謝ってくれるかもしれません。

  • 【6】相談してくる男子に対し、いい友達を演じる「親友じゃん」

    「自分で言いつつ、情けなくなる」(10代女性)というように、ずっと側にいたいばかりに親友を気取る女子もいるようです。こういう女子は何を言っても冗談にしてしまいがちなので、好きなら「お前は俺にとって親友ではなく大切な存在だ」と宣言するとよいでしょう。

  • 【7】かまわれてうれしいくせに「ウザい、あっち行ってよ」

    「『嫌よ嫌よも好きのうち』くらい理解してー!」(10代女性)と心のなかで叫びつつ、全く正反対の想いを口にしてしまう女子もいるようです。本気でうっとうしく感じる男性は無視すればよいはずなので、「ウザい」という言葉を本気にして落ち込まないほうがいいでしょう。

  • 【8】せっかくプレゼントをもらっても「珍しい。天と地がひっくり返るわ」

    「喜びをうまく表せなくて…」(10代女性)というように、なかには自己表現が下手な女子もいるようです。何を言われてもニコニコと見つめていれば、「なによっ。もらっといてあげるわ。ありがとう」と最終的にはお礼を言ってくれるかもしれません。

  • 【9】本当は会いたいのに素直になれず「私、忙しいの」

    「ついやせ我慢しちゃって」(20代女性)のように、想いを言葉にできず、強がる女子もいるようです。「俺は会いたいよ」とまっすぐに気持ちを伝えることで、彼女の鉄の鎧はガラガラと音を立てて崩れ、「私も会いたい」と本音を漏らしてくれるかもしれません。

ほかにも「自分が気づいた女子の『心と裏腹発言』があれば教えてください。みなさんの意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock