男友達に対し、「まさか私、恋しちゃったかも…」と意識してしまった瞬間9パターン


恋に落ちる瞬間はふいにやってきますが、時にはただの友達だと思っていた男性を恋愛対象として見てしまうことも…。では、女性が男友達にドキッとするのはどんなときでしょうか。『オトメスゴレン』女性読者に聞いた、「男友達に対し、『まさか私、恋しちゃったかも…』と意識してしまった瞬間」を紹介します。

  • 【1】メールの返信が待ち遠しいと感じるようになったとき

    「返信がくる時間やメールの内容に、一喜一憂している自分がいた」(30代女性)と、やりとりが楽しくて、知らない間に気持ちが高ぶっていることもあるようです。女性とのメールの頻度が高くなっていたら、もしかするとあなたに恋愛感情を抱いているかもしれません。

  • 【2】気づいたら、次いつ会えるかを考えていたとき

    「同じバイト先なので、相手のシフト表を確認してた」(20代女性)と、男性と会える日を心待ちにしている自分に気づき、恋を意識した人もいるようです。「◯日って確か休みだったよね?」などスケジュールを女性に把握されていた場合は脈ありかもしれません。

  • 【3】他の女の子と話している姿を見て、嫉妬している自分がいたとき

    「なぜか悔しくて、私といるほうが楽しいと思わせたかった」(10代女性)と、自分以外の女の子と楽しそうにしているのを発見し、ライバル心に火がつく人もいるようです。気になる女性の前では、あえて色々な人と会話するのも良さそうです。

  • 【4】落ち込んでいて、男性の声が聞きたいと思ってしまったとき

    「無性に電話をかけたくなって、ハッとした」(20代女性)と、弱って支えてくれる異性を必要としたとき、男友達の顔が思い浮かぶこともあるようです。女の子の元気がなさそうなときは真剣に励ましてあげると、女性の抱く淡い恋心が確信に変わるかもしれません。

  • 【5】相手の笑顔が脳裏に焼き付いて離れなくなったとき

    「無意識に笑顔を思い出してしまい、『あぁ好きなんだな』って思った」(10代女性)と、最初は異性として見れなくても、気づいたら頭の中にはいつも男友達がいたという人もいます。人を好きになるのに時間がかかる女性もいるので、常に楽しそうな表情を見せていれば、いつか恋が芽生えるかもしれません。

  • 【6】力仕事を代わってくれるなど、「女の子扱い」をされてキュンとしたとき

    「重いものをヒョイっと持ってくれ、『この人も男なんだ』って意識した」(20代女性)と、男らしく頼りがいのある姿を見てドキッとした人もいるようです。一緒に歩く時は道路側に立つなど、女性優先を意識するといいかもしれません。

  • 【7】自分の女友達が男性の事を好きだと知ってショックを感じたとき

    「『なんで私、こんなに焦っているんだろう?』って…」(20代女性)と、動揺している自分に気づき、恋を自覚した人もいるようです。気になる女の子には「この前告白されちゃって…」と言って、揺さぶりをかけてみるのも手かもしれません。

  • 【8】普段は見たことがないスーツ姿に「別人みたい!」とときめいたとき

    「急にカッコよく見えて、自分の中で電撃が走りました」(20代女性)と、いつもとは違うキリッとした雰囲気に心を奪われた人もいるようです。たまには仕事帰りに会う約束をすれば、普段とのギャップを演出することができるでしょう。

  • 【9】酔った勢いでふいに抱きしめられたり、手を繋がれたりしたとき

    「ビックリしたけど、男性として意識するきっかけになった」(40代女性)と、突然のスキンシップで恋愛感情を呼び起こされた人もいるようです。ただし、泥酔状態で迫るのは「ただの悪ふざけ」と取られることもあるので注意しましょう。

ほかに「男友達に対し、『まさか私、恋しちゃったかも…』と意識してしまった瞬間」にはどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock