「休日は何しているの?」と聞かれたとき、デートしたくない男性にだけ返す言葉9パターン


デートに誘うきっかけに、女の子に休日の過ごしかたを聞くことがあります。しかし、その返事の意味を見極めないと、成功するチャンスを逃してしまうかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「『休日は何しているの?』と聞かれたとき、デートしたくない男性にだけ返す言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「合コン行ったり、男友達とデートしたり」と萎えるようなことを言う

    「これでひるむ男に用はない」(20代女性)など、とりあえず男性を試すパターンです。落ち込む気持ちをグッと抑え、「じゃあ俺ともデートして!」と言えると、チャンスが広がる可能性もありそうです。

  • 【2】「ひたすら寝てるよ」と会話が広がらないようにする

    「『だよね…』と言わせて終了(笑)」(20代女性)など、会話の盛り上がりを阻止するパターンです。女の子の気持ちを察知し、「仕事、無理しすぎないでね」などとねぎらいの言葉をかけるのが、話のいい終わらせかたではないでしょうか。

  • 【3】「休みが一緒の親友がいるから、いつもその子と遊んでる」と決まった相手がいることを匂わす

    「急にウソをつくと毎回こうなる」(20代女性)など、親友の名前を出してその場しのぎをするパターンです。「それ、親友じゃなくて彼氏じゃないの?」などと核心をつく質問を投げ、女の子の深い恋愛話を引き出してはいかがでしょうか。

  • 【4】「基本的に1日丸々休みってないんだよね…」と忙しさをアピールする

    「諦めてもらうにはこれが一番」(10代女性)など、多忙をアピールし、誘いづらくするパターンです。「1時間だけでも!」と強引に突破しようとせず、「大変なんだね。一緒に昼ご飯でも食べられそうなときは声かけて」などと一歩引くほうが好印象でしょう。

  • 【5】「いやー、特に何も…」と完全にお茶を濁す

    「こうして話を逸らす」(20代女性)など、具体的なことをまったく答えないパターンです。この返答は話が弾まず気まずくなりがちなので、「休みの日はゴロゴロするのが基本だよねー」などと助け舟を出すと、女性に「気を使ってくれる優しい人」という印象を与えられるかもしれません。

  • 【6】「それを聞いてどうするんですか?」とやや怒り気味に答える

    「二度と聞いてこないよう、クギを刺す」(20代女性)など、完全に拒否するパターンです。女の子をなだめつつ、「俺、いつも寝てるだけだから、休みの過ごしかたの参考にしたくて…」など質問に他意がないことを伝えると、機嫌を直してくれるかもしれません。

  • 【7】「基本的に親と出かけることになってるんだ」と家族を利用する

    「最強のカード『家族』で完全にガード!」(30代女性)など、男性に付け入るスキを与えないパターンです。女の子の方便に「へー、楽しいの?」などと本気で返しても印象が悪くなるだけ。深追いするのは控えましょう。

  • 【8】「映画とか買い物…とか」と当たり障りのないことを感情を込めずに言う

    「とりあえず適当なこと言って様子見」(20代女性)など、男性の出方をうかがうパターンです。提案次第で女の子の気分を変えることができそうなので、話題のスポットなど、デートに誘うための引き出しをいくつか持っておくといいかもしれません。

  • 【9】「たまった洗濯物、家の掃除、ペットの散歩とか…」と家事で塞がっていると主張する

    「ひとまず、とにかく忙しいアピールでかわす」(20代女性)など、家から出られない状況を装うパターンです。たとえ、本当に家事がたくさんあっても、興味ある男性の前では、「家事をテキパキこなせる女」をアピールするもの。忙しさを主張されたら、脈ナシだと諦めたほうがよさそうです。

ほかにも、デートしたくない男性にだけに返す休日の過ごしかたはあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock