好きな子に彼氏ができた!…そのとき悔やむこと9パターン


誰だって、気になる女の子をほかの男性に奪われたくはないもの。「あのとき、こうしておけば…」と後悔したくなければ、然るべきタイミングでちゃんと行動に出るよう、心掛けておいたほうがよさそうです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者のみなさんに聞いたアンケートを参考に、「好きな子に彼氏ができた!…そのとき悔やむこと」をご紹介します。

  • 【1】恥ずかしがらず、もっと積極的に話しかけておけばよかった

    「僕が好意を持っていたことも知らないと思う」(10代男性)というように、自分から話しかけておけばよかったと後悔しているパターンです。最初は軽い挨拶だけでも、とにかく顔を合わせるたびに声を掛けるようにすると、徐々に共通の話題が見えてくるかもしれません。

  • 【2】早くLINEのIDを聞いて連絡を取り合う仲になればよかった

    「連絡先を知らないと先に進めない」(10代男性)というように、出会ってすぐに連絡先を交換しておけばもっと親密になれたかも…と後悔しているパターンです。相手がスマホを取り出したときにすかさず聞くくらいの大胆さがあってもいいでしょう。

  • 【3】「どんな子がタイプ?」など恋バナになったとき、はぐらかさなければよかった

    「本人の前で変に照れてしまって…」(20代男性)というように、せっかくの恋バナで好意をにおわすことができずに後悔しているパターンです。今がチャンスとばかりに「キミみたいなタイプ」と言えるようなノリも身に着けたいものです。

  • 【4】少し仲良くなった段階で、勇気を出してデートに誘ってみればよかった

    「断られるのが怖くてビビってしまった」(10代男性)というように、いい感じだったのに、デートに誘えずじまいで後悔しているパターンです。相手との会話中に「行きたい場所」などが出てきたら、腹を決めて誘ってしまいましょう。

  • 【5】女の子が返信に困るようなLINEをしつこく送らなければよかった

    「いいと思って送っていたけど、向こうは違ったかも」(10代男性)というように、一方的なLINEをしつこく送り付けたことを後悔しているパターンです。構ってもらいたくて無理やり話題を投下するよりも、相手のリアクションを引き出すような連絡に絞ったほうが好印象にはなるでしょう。

  • 【6】お酒の席でスキンシップをとるなど、もっと大胆に行動しておけばよかった

    「普段は緊張しちゃってダメだったからせめて飲み会のときに…」(20代男性)というように、お酒の力を借りて積極的にアプローチできなかったことを後悔しているパターンです。スキンシップとまではいかなくても、隣の席を確保して積極的に話しかけるなど、いつもと違う自分を見せるのはアリかもしれません。

  • 【7】クリスマスなどのイベントのとき、ダメ元で誘ってみればよかった

    「せっかく誘う口実を世間様が用意してくれているのに…」(20代男性)というように、カップルイベントを活用できずに後悔しているパターンです。いきなりデートに誘うのは無理でも、クリスマスの予定くらいはさっと聞きたいところです。

  • 【8】照れてわざと冷たく接しなければよかった

    「なんでやさしくできなかったんだろ…」(10代男性)というように、好きな女の子をいじめるというありがちな行動を後悔しているパターンです。たとえ素直になれなくても、「それ持つよ」と相手の荷物を持つくらいの優しさは見せておく必要がありそうです。

  • 【9】1日でも早く「好き」と伝えておけばよかった

    「告白してたらどうなってたかわからない」(20代男性)というように、ライバルよりも先手を打っておけばよかったと後悔しているパターンです。告白の踏ん切りがつかない場合は、相手を二人きりになれる場所に呼び出すなど、後戻りできない状況に自分を追い込んでみるのもいいかもしれません。

ほかにも、「好きな女の子に彼氏ができたとき『あのとき、こうしておけば…』と悔やんだこと」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock