男には人気でも女にはなぜかモテない「残念な人」9パターン

友達としては最高なのに、なぜか女の子にモテない男性を見かけませんか? 彼らはなぜ異性としての評価が低いのでしょうか? そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「男には人気でも女にはなぜかモテない『残念な人』9パターン」を紹介します。

  • 【1】誰にでも優しすぎて、優しくされてもありがたみを感じない

    「結局みんなにいい顔したいだけでしょ?」(20代女性)など、調子のいい男と思われてしまうパターンです。八方美人に思われないため、好きな女の子に優しくするときは「○○ちゃんだからだよ」と付け加えるなど、「自分は特別」と思わせる工夫が必要なようです。

  • 【2】普段は積極性があるのに、女性のことになると急に決断力と行動力に欠ける

    「優柔不断なところ、見たくなかったな…」(20代女性)など、頼りがいのない一面にガッカリされるパターンです。女の子と一緒のとき、失敗を恐れて慎重になりすぎるあまり、キビキビした行動や積極性が失われないよう注意しましょう。

  • 【3】話は面白いが、下ネタがやたら多い

    「レディの前ってこと忘れてる男はムカつく!」(20代女性)など、デリカシーのなさに不満を覚える女の子もいるようです。下ネタOKという女子ももちろんいますが、それを確認せずに当たり前のように会話に盛り込むのは失礼なので控えましょう。

  • 【4】すべてをきっちりと計算して行動できる反面、カタブツに見られる

    「何もかもをキチッとしすぎていると、何か気持ちの余裕がなくなる…」(20代女性)など、まったく遊びがない行動に息苦しさを感じる女の子もいるようです。1円単位の割り勘が嫌われるのと同様に、正確すぎる考え方や行動は女の子をうんざりさせてしまうと覚えておきましょう。

  • 【5】合コンなどで友人を引き立てることに徹するため、自分のアピールが弱い

    「男としての強さを感じない人はちょっと…」(20代女性)など、すぐに人に譲ってしまう性格にもの足りなさを感じる女の子もいるようです。ただし、合コンで引き立て役を務める姿を見て「いい人だなぁ」とキュンとする優しい女の子もいるかもしれません。

  • 【6】男性とばかり行動するため、外見を磨く努力をしない

    「友達にモテるのは分かるんだけど、もう少し見た目を気にしないと…」(20代女性)など、異性としてまったく魅力を感じてもらえないパターンです。当然、男友達に好かれるポイントと女の子にモテるポイントは一緒ではありません。友人に好かれていれば、いつか女性からも好かれると高をくくるのはやめましょう。

  • 【7】自分の趣味に没頭しすぎて、人に対する興味関心が薄い

    「この人といても絶対に疎外感を抱くわ」(30代女性)など、人としての温かさを感じられない性格に女の子が引いてしまうパターンです。没頭するほどの趣味を持っている人は、趣味に対する愛情と人に対する愛情に差が出ていないか意識的に確認しましょう。

  • 【8】周りが引いてしまうくらいスキがなさすぎる

    「あまりに完璧だとなんか落ち着けない」(20代女性)など、自分にはまったく釣り合わないと、女性が壁を感じてしまうパターンです。なぜか他人によく「住む世界が違いそう」などと言われてしまう人は、「休みの日はダラダラ過ごすよ」など、会話中適度に「生活感」をにじませましょう。

  • 【9】男らしくて頼りがいがあるのだが、雰囲気が威圧的で怖い

    「いつか手をあげられないか恐怖心がある」(20代女性)など、どこか暴力的な雰囲気に女の子が引いてしまうパターンです。見た目が怖いと言われがちな人は、怒ってもおかしくない場面でも冷静に話し合う姿を見せ、日ごろから理性的な一面をアピールしましょう。

「男には人気でも女にはなぜかモテない『残念な人』」には、ほかにどんなケースがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

facebook

理想の結婚相手を探す