職場での新しい出会いをモノにするためにしておきたい下準備8パターン


新入社員の入社や社内異動、転職や新しい取引先との付き合いなどは、新しい出会いのチャンスでもあります。できれば準備万端でこれからの出会いに臨みたいところですよね。ということで今回は、「職場での新しい出会いをモノにするためにしておきたい下準備8パターン」をご紹介します。

  • 【1】誰にでも明るく挨拶をする習慣をつける

    挨拶は誰に対しても使える強力なコミュニケーションツールです。普段から明るい挨拶をするように心掛けていれば、初めて会う人にも好印象を抱かせることができますし、あまり話す機会がない人と会話するきっかけにもなるかもしれません。

  • 【2】連絡先交換をスムーズに行うため、ケータイの操作方法はマスターしておく

    いざ、連絡先を交換! という時に、ケータイの操作方法があいまいで、オタオタしてしまわないように、操作方法をマスターしておきましょう。上級者になるとケータイの機能を紹介するついでに、メルアドをゲットしてしまう人もいるようです。

  • 【3】印象的な自己紹介をするために、女性も興味を持ちそうな趣味をはじめてみる

    もし興味があれば、ヨガや茶道、料理教室など女性も興味を持ちそうな教室に通ってみてはどうでしょうか。自己紹介の時に話せば、「変わった趣味の人だな。」と印象に残るかもしれませんし、趣味の話で女性と盛り上がることができるかも。

  • 【4】新しく出会った女性を喜ばせられるような「ステキな店」を探しておく

    異動してきた女性や、新人さんは、職場の近所に詳しくないことがほとんど。女性が喜びそうなステキな店に案内できれば、ポイントを稼げるかもしれません。

  • 【5】服装や髪形などのイメージチェンジを早めにして、新しい出会いの時までに馴染ませておく

    新しい出会いに賭けている人の中には、思い切ったイメチェンをもくろんでいる人もいるかもしれません。しかし、イメチェンしたては、自分も周囲も違和感を覚えることが多いもの。いざ! という時にはしっくりきているように、早めに馴染ませておいた方がベターかもしれません。

  • 【6】後輩や仲間からの評判を良くしておく

    新しく出会う人の印象は、周りの社員からの評判で決まる、ということもあると思います。ですから、周りの仲間を大切にするように心がけておけば、「アイツはいいヤツだから。」と新しく出会う人に紹介してもらえるかもしれません。

  • 【7】仕事の上で何かひとつむちゃくちゃ詳しい分野を作っておく

    「アイツなら何でも知ってるから。」と人から言われるような得意分野があれば、「頼りになる人」という印象を与えられますし、新しい人と話す機会が増えるかもしれません。ただし、得意分野はすぐにできるものではないので、日々の努力が大切です。

  • 【8】過去の恋愛をひきずらないよう、キッパリ忘れておく

    昔の恋人に未練タラタラでは、新しい出会いをモノにしにくいでしょう。とはいえ、無理に忘れようとしても忘れられないという人が多いと思います。そんな時は彼女との思い出の物や写真を思い切って処分するなど、視界から消してしまうのがオススメです。

みなさんは新しい出会いをモノにするためには、どんな下準備が必要だと思いますか? 他にも効果的な下準備があると思うので是非教えてください。ご意見お待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock