卒業前に告白する6つのメリット


卒業式のタイミングで、気になる女の子に告白しようと計画している方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、タイミングはなかなか難しいもの。卒業前に告白すべきか、卒業式当日に告白すべきか、悩ましいところです。そこで今回は、卒業前のタイミングに目を向けて、「卒業前に告白する6つのメリット」について紹介させていただきます。

  • 【1】二人きりになりやすい。

    卒業式の前のタイミングであれば、学校の始まる前や終わった後に会う約束を取り付けるなど、二人っきりになれるチャンスを作りやすいことが大きなメリットと考えられます。というのも、卒業式当日は、写真撮影など、女の子が友人と一緒にいる可能性が高く、自然と二人きりになれるチャンスを作りだすことは難しくなります。確実に二人っきりになるには、卒業前のタイミングが良いでしょう。

  • 【2】ライバルよりも早く告白できる。

    恋は残酷にも「早く動いた者が勝つ」ことがあります。卒業式当日では、先に他の男性に告白されてしまう恐れがあります。そのようなリスクを回避するために、卒業式当日まで待たずに告白してしまうことは、選択肢のひとつと言えるでしょう。

  • 【3】思い立ったタイミングの方が積極的になれるから。

    「告白する!」と決めたタイミングがもっとも行動的になれるものです。卒業式当日まで待った場合、怖じ気づいてしまう可能性があります。思い切って気持ちを伝えるために、卒業式のタイミングにとらわれることなく、思い立ったタイミングで告白してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】卒業前独特の「寂しい気持ち」を活用できるから。

    「寂しい気持ち」「名残惜しい気持ち」は、卒業前から発生するもの。そのような寂しい気持ちが作用し、卒業前の告白が成功するケースがあります。しかし、卒業式当日には、イベントが盛りだくさんで忙しく過ごすため、寂しさを感じるのは帰宅後となる可能性が高くなります。

  • 【5】OKだった場合、残りの学生生活がバラ色となる。

    告白してOKだった場合、卒業式までの数日間は、充実した時間を過ごすことができます。同じ学校の環境でも、恋人がいるだけで違った景色に映るでしょう。ただし、振られた場合には、お互い気まずくなる恐れがあり、卒業式までの数日間を我慢する必要がでてきます。

  • 【6】決着がついていれば、卒業式当日のイベントに集中できる。

    卒業前に気持ちを伝えておくことで、結果がどうであれ、スッキリした気持ちで卒業式に参加することができます。一方、卒業式当日に告白しようとした場合、緊張のため卒業式当日のイベントに集中できない可能性があります。折角の卒業式は、しっかりと堪能したいものです。

卒業前に告白することは、他にはどのようなメリットがあるでしょうか。皆様のご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock