女性が「ずるい!」と感じる「別れ話の切り出し方」9パターン


恋人との別れを決めたとき、円満に別れられるかどうかは伝え方次第で決まるもの。女性が彼氏に言われて納得できない別れのセリフとはどんなものでしょうか。『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「女性が『ずるい!』と感じる『別れの切り出し方』」を紹介します。

  • 【1】「好きだけど…」と、どう考えても矛盾した前置きをする

    「好きなら別れる必要ない!むしろハッキリ好きじゃないと言ってくれたほうがスッキリする」(20代女性)というように、相手を傷つけまいと発した言葉も、女性にはかえって腑に落ちないものになるようです。心を鬼にして本音で話したほうがお互いにとっていいのかもしれません。

  • 【2】「お前は何も悪くない。悪いのは全部俺」と、相手からの非難を予防する

    「こう言えば言い返されずにすむと思ってそう。ずるい」(30代女性)というように、全責任が自分にあるように見せかけても、女性には魂胆がバレているようです。彼女が深く傷つくような発言は避けるとしても、少なからず不満はぶつけたほうが誠意のある別れ方になりそうです。

  • 【3】「俺じゃお前を幸せにできない」と、彼氏としての責任を放棄する

    「幸せかどうかはあたしが決める!カッコつけの嘘にしか聞こえない」(20代女性)というように、自己判断で相手の幸せを定義づけるのはかなり見当違いのようです。彼女の幸せを本気で考えているのであれば、自分が成長するしかないと肝に銘じましょう。

  • 【4】「別れたほうがお前のためだから」と、相手を思いやったように見せかける

    「100%自分のためなのに恩着せがましい言い方をしないでほしい」(30代女性)というように、相手を気遣ったような態度は、逆に女性をイラッとさせるようです。悪者になりたくないという気持ちは捨て、別れる本当の理由を正直に述べたほうが誠実な印象になるでしょう。

  • 【5】「仕事が忙しいから…」と、自分のせいじゃないことをアピールする

    「本当は冷めたくせに、環境のせいにしてごまかすのは卑怯」(20代女性)というように、別れの理由をうまくすり替えたつもりでも、彼女の理解を得るのは難しいようです。仕事はもちろん、単に「勉強や部活が忙しい」と主張するのも、別れの理由として受け付けてもらえない可能性があるでしょう。

  • 【6】「自分よりもっといい人がいるはず」と、きれいごとで本当の理由をはぐらかす

    「結局はうまいこと言って逃げてるだけ」(10代女性)というように、本心を隠して彼女のもとから去ろうとするのは、フェアな別れ方とはいえないようです。「俺には君はもったいない」などのセリフも、ただの言い訳にしか受け取ってもらえないでしょう。

  • 【7】何を言っても「ごめん…」の一言で片付けようとする

    「振ってるくせに泣きそうな顔で『ごめん』は反則!こっちのほうが泣きたいわ!」(20代女性)というように、謝り続けるだけの男性は、対話を避ける臆病者といった印象を与えてしまうようです。「ごめん」を何度も言うよりも、彼女と真正面から向き合って話し合うのが男らしい別れ方かもしれません。

  • 【8】「これからは友達としてやっていこう」と、繋がりだけはキープしようとする

    「要はサブになれってことでしょ?いくらなんでも都合良すぎ」(10代女性)というように、自分勝手すぎるセリフに気持ちの整理がつかない女性もいるようです。お互いが次の恋に進むためにも、別れるからには距離をおかねばならないのを覚悟しましょう。

  • 【9】「決めるのはお前だから」と、自分が別れたいのに最終的な決断を押し付ける

    「最後だけ決めさせるなんてずるい」(20代女性)というように、最も大事な決断を人に押し付ける態度に女性は腹立たしさを覚えるようです。その後自分が「振られた側」だと周囲にアピールするのもやめておいたほうがよさそうです。

ほかには女性にどんな別れの切り出し方をすると「ずるい!」と思われてしまうのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock