彼女が風邪を引いたときの適切な対応8パターン


風邪を引いて彼女がダウン。そんな一報を受けたら、どんな対応をすると喜ばれるのでしょうか。今回は、「彼女が風邪を引いたときの適切な対応」についてご紹介したいと思います。

  • 【1】「心配で仕方がなかった。」と、お見舞いに行く

    「うつしたくないから来ないで。」と言われる場合もあるかもしれませんが、マスクの着用など、予防対策を取ることを前提に、まずはお見舞いに行きましょう。「心配で仕方がなかった。」「顔を見ることができて安心した。」といった言葉があれば、寝込んでいる彼女も元気づけられるのではないでしょうか。

  • 【2】まめに病状を確認するメールを入れる

    喉がやられてしまっていたり、薬を飲んで寝ていることも考えられるので、電話よりはメールで連絡したほうがいいでしょう。あまり高熱だと、携帯の画面を見るのもしんどい可能性がありますが、「気にかけてくれている」「様子を聞いてもらえる」ということが伝わるだけでも、きっと彼女にとって心強いはずです。

  • 【3】スポーツドリンクや栄養剤など、すぐに役立つものを差し入れる

    すぐに必要で、効果が期待できるものとしては、電解質を含むスポーツドリンクやビタミンCを補給できる栄養剤が挙げられます。取り急ぎの差し入れとして持っていくと、「気が利くなあ」と喜ばれるでしょう。スナック菓子などは、喉の痛みがひどいときには飲み込みにくく、あまり歓迎されない恐れがあるので注意しましょう。

  • 【4】しょうが湯や大根飴など、風邪対策の知恵を調べる

    風邪のときは、薬を飲むのもいいですが、体を温める「しょうが湯」や喉を潤す「大根飴」、ビタミンCを補う「みかんの黒焼き」など、昔から伝わる民間療法も効果があるといわれています。このような風邪対策の知恵について、インターネットや本で調べたり、実際に取り入れる手助けをしてあげたら、彼女を思うまごころが伝わるのではないでしょうか。

  • 【5】ひどいようなら、病院に連れて行く

    たかが風邪、と侮れないのが風邪の怖さです。高熱が続く、内臓へのダメージが考えられるなど、心配な症状があれば、病院へ連れて行きましょう。症状が重いときには、病院への付き添いはもちろんのこと、薬の受け取りや注意事項の確認など、さまざまなサポートが必要です。ただしインフルエンザの疑いがある場合には、病院への事前問い合わせをお忘れなく。

  • 【6】仕事や学業などで、できるフォローがあれば引き受ける

    職場や学校が同じ彼女の場合には、必要な電話を代わりに入れたり、メモを取って渡すなど、フォローできそうなことを引き受けてあげましょう。困っているときの的確な手助けは、後々まで印象に残るので、頼りがいのある彼氏としてのアピールのしどころです。

  • 【7】郵便物の投函やレンタルDVDの返却など、代わりにできることをやる

    郵便物の投函やレンタルDVDの返却、コンサートチケットの申し込みなど、期限が近づいているにもかかわらず、風邪のせいでできずにいることがあるかもしれません。気になること、代わりにできることがないかどうか確認して、すばやくやってあげましょう。そうすれば彼女も、さらに安心して体を休められるはずです。

  • 【8】「何かあったらいつでも連絡して。」と言う

    仕事の忙しい彼氏。遠く離れて暮らしている彼氏。そばにいて元気づけてほしいと彼女が願っても、簡単に叶わないこともあります。そんな事情がある場合には、「何かあったらいつでも連絡してほしい。」という気持ちを、きちんと言葉にして伝えましょう。離れていても、気にかけてくれる彼氏の存在が、弱っている彼女には大きな支えになるはずです。

皆さんにも実践できそうな対応のしかたはあったでしょうか。ひとくちに風邪といってもさまざまなケースがあると思いますが、ほかにはどんな対応が考えられるでしょうか。ご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock