冷めかけていた気持ちを「もうムリ!」と決定づけた彼氏の一言9パターン


「これが倦怠期ってやつ?」と思っていた矢先に、彼氏の口から出た一言で女性の気持ちが冷め切ってしまうこともあるようです。そこで今回『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「冷めかけていた気持ちを『もうムリ!』と決定づけた彼氏の一言9パターン」を紹介します。

  • 【1】何年も付き合ってるのに「え、誕生日だっけ?」

    「誕生日を覚えてくれないのは彼にとってその程度の存在ってことだと思う」(20代女性)と、誕生日を忘れられてしまうと、男性の愛を疑う女性が多いようです。忘れっぽい人は、携帯のカレンダーやPCのアドレス帳に彼女の誕生日を入力しておきましょう。

  • 【2】デート中、ほかの女の子を見ながら「あの子かわいいなー」

    「失礼すぎる。その場で帰りました」(20代女性)というように、ほかの女性に目を奪われていた彼氏に、一瞬で冷めた女性もいます。彼女に焼きもちをやかせたくてほかの女性をほめるのは的外れな作戦です。「世界で一番キミがかわいい」くらいのスタンスでいましょう。

  • 【3】自分の見た目は棚に上げて「やせろよ!」

    「私が太ったのを気にしてるって、彼も知ってるのに…。思いやりのなさに失望」(20代女性)と、女性が抱えるコンプレックスをけなす発言は、一瞬で恋を吹き飛ばしてしまう地雷になるようです。他人から見たら小さな悩みでも、彼女の悩みをバカにしたり批判するのはやめましょう。

  • 【4】結婚してるわけでもないのに「家事はおまえの仕事だろ?」

    「給料運んでくるわけでもないのに、何様?」(20代女性)というように、男性の横暴すぎる発言に冷めてしまったという女性もいます。男性並みに仕事が忙しい女性も珍しくないので、「女は尽くしてあたりまえ」という考え方では、どんな女性ともうまくいかない可能性があるでしょう。

  • 【5】熱で寝込んでいるのに「なんでメシ作ってないんだよ!」

    「結婚したら、もっとひどい扱いになりそうで別れた」(20代女性)と、彼女が支えを必要としているとき、それを理解できない自己中な男性は冷められて当然のようです。つき合いが長いと相手への気づかいも薄れていきがちなので、初心を忘れないようにしましょう。

  • 【6】無職の彼に「将来、おまえに食わせてもらうから!」

    「冗談でも笑えない…」(20代女性)というように、ふたりの将来に不安を感じると女性は冷めるようです。お金がないことではなく「努力もせずに彼女をあてにしている」姿勢が女性を失望させるので、たとえ無職でも将来に向けて頑張っている姿を見せましょう。

  • 【7】デートのたびに「今日もマンガ喫茶でいいよね?」

    「黙々とマンガを読んでるだけなら、ふたりでいる意味がない」(20代女性)と、一緒にいる時間に意味がないと思った瞬間、女性の気持ちは萎えるようです。「ずっと携帯をいじっている」「部屋に行ってもゲームしている」男性も注意したほうがいいでしょう。

  • 【8】一日会えないだけで「死ぬほどつらい…」

    「どんだけ束縛されるんだろうと、怖くなって別れた」(20代女性)というように、重すぎる気持ちにサーッと気持ちが引いた女性もいるようです。あまりに窮屈だと逃げ出したくなるのが人間です。さみしくても明るい声で「会いたいな」と伝えるといいでしょう。

  • 【9】ケンカしたら面倒くさそうに「これだから三次元は…」

    「一生二次元の嫁と付き合ってろ」(20代女性)というように、非現実の世界から抜けだせないオタク発言にドン引きした女性もいるようです。たまに怒るのも三次元の女性ですが、直接触れ合ったり一緒に笑えるのも三次元の女性だけということを忘れないようにしましょう。

ほかにどんな「冷めかけていた気持ちを『もうムリ!』と決定づけた彼氏の一言」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock