女性が今でも思い出す「感動した告白」9パターン


告白は「友人」と「恋人」の分岐点であり、二人の思い出の出発点です。女性のなかには、男性から受けた告白の感動が長く記憶に残っている人も少なくないようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女性が今でも思い出す『感動した告白』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】恋愛トーク中に「好きな人っている?」「実は君なんだ」

    「さりげない会話のなかの衝撃」(20代女性)など、友達と思っていた相手が、突如として恋人候補に変わる驚きに女性は感動するようです。まずは友人として恋愛トークができるくらいの間柄になることが重要でしょう。

  • 【2】卒業式に皆の前で「ぼくの第二ボタンをもらって下さい!」

    「ボタンは要らなかったけど、堂々とした勇気に感動」(20代女性)など、卒業や別れをきっかけとした告白は、そのドラマティックさで感動を与えるようです。ただし、多くの友人らが見守るなかでの告白は、恥ずかしさを感じる女性もいそうです。

  • 【3】職場の飲み会の帰り道に「勇気出していうけど、手をつなぎたい」

    「本当に勇気を出してくれたんだな、という気がした」(20代女性)。「同僚」というビジネスライクな関係から、一歩を踏み出す勇気に感動したケースです。ただし、酔っぱらいの悪ふざけだと思われないよう、事前に信頼関係を積み重ねておくべきでしょう。

  • 【4】遊園地の観覧車の頂上で「大好きです。付き合って下さい!」

    「ベタだけど、妄想してたシチュエーションだった」(10代女性)など、遊園地での告白は定番ながら、密かに憧れている女性は少なくないようです。高いところに二人きりでいる非日常感が、告白の成功率も高めてくれそうです。

  • 【5】元彼のグチを長々聞いてくれたあとに「次に恋愛するなら、俺を好きになってくれ」

    「驚いたけど、ずっと大切に思ってくれていたのがわかった」(30代女性)など、女性の悩みをしっかり受け止める包容力と、真剣な愛情が同時に伝わってくるケースです。性別を越えた友情を愛情に変えるのにぴったりの告白といえそうです。

  • 【6】デートの帰り際に抱きしめられ「付き合ってくれなきゃ離さない」

    「ドキドキしたけど、強く求められている感覚が嬉しかった」(20代女性)など、やや不意打ち的な「抱きしめ」は、女性の記憶に残りやすいようです。ただし、信頼関係のない女性には不快感や恐怖を与えかねないので、タイミングに注意が必要でしょう。

  • 【7】夏の花火大会で打ち上がった瞬間に「ずっと前から好きでした」

    「ベタベタだけど、青春って感じがした」(20代女性)など、夏の解放感と一抹の寂しさが同居する花火大会は、やはり告白の定番シチュエーションです。ほかにも近所のお祭りや学校の文化祭など、「ベタなイベント」の演出効果は高そうです。

  • 【8】突然の緊張しまくった電話で「きききききみが、すすすすすすきだから」

    「不器用な人の頑張りが嬉しかった」(20代女性)など、告白に慣れていないがゆえの緊張が、逆に女性に感動を与えるケースも少なくないようです。無理にスマートぶらず、素の自分でぶつかることも一つの方法でしょう。

  • 【9】夜の駐車場でボロボロ涙を流しながら「君のことを一生守らせてほしい」

    「泣くほど思ってくれている気持ちに、こっちも泣きました」(20代女性)など、感極まって涙を流すというのもインパクトがあります。一見弱々しい男性の涙も、「守りたい」という頼り甲斐のあるセリフと合わせることで、女性を感動させるようです。

ほかにも、「女性が今でも思い出す『感動した告白』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock