じつは女の子ウケが悪い「男らしさ」9パターン


男性が思う「男らしさ」のなかには、女の子にはよく分からないものもあるようです。その点を理解しておかないと、せっかく男らしさをアピールしても恋の成就にはつながらないでしょう。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんが、理解不能だと感じている「男らしさ」にはどんなものがあるか教えてもらいました。

  • 【1】「遊び人っぽくてイヤ」と敬遠される「真っ黒に日焼けした肌」

    「小麦色ならスポーツマンに見えるけど…」(20代女性)というように、真冬でも不自然に真っ黒い肌の男性はチャラい印象のようです。ただし、仕事やスポーツなどによる自然な日焼けなら、女の子に精悍なイメージを与えられるかもしれません。

  • 【2】「ワイルドっていうより汚い…」と受け付けない「ヒゲ」

    「ツルツルのほうが清潔感あるのに」(10代女性)というように、女の子によっては、ヒゲを「ムダ毛」の一種だととらえるようです。ただし、ヒゲがキチンと整えられて清潔感があり、服装にもマッチしているのなら、セクシーだと感じる女の子も多いでしょう。

  • 【3】「すぐに脱ぎたがるところが嫌」とウザがられる「6つに割れた腹筋」

    「鏡の前でうっとりしてそう」(20代女性)というように、鍛えられた肉体について自慢気に話されると女性は「ナルシストだな…」とげんなりのようです。ただし、むやみにカラダを露出しなければ、いざ脱いだときに女の子をドキッとさせられそうです。

  • 【4】「暴力的で怖いだけ」と警戒される「ケンカの強さ」

    「なぜ人にケガさせたことを自慢するの?」(20代女性)というように、ケンカの話はともすると力で他人をねじ伏せる「危険人物」に見えるようです。とはいえ「弱い人を守るためにカラダを張った」などのエピソードがある場合は好印象を与えられるでしょう。

  • 【5】「アル中候補だよね」と不健康に見える「お酒の強さ」

    「後でツケがまわってくるよ」(30代女性)というように、お酒の飲みっぷりを自慢されても、不摂生なイメージが先に立って女の子にはグッとこないようです。ただし、無茶な飲み方をせず、静かに楽しめるのなら「渋くて素敵」と歓迎されるかもしれません。

  • 【6】「不良がエライのは昭和の話でしょ」と鼻で笑われる「武勇伝」

    「人に迷惑をかけて喜ぶなんて子ども」(20代女性)というように、過去の破天荒なエピソードを披露しても、関心を持ってくれるのは男性のみのようです。女の子は「地元ではワルだった」などの昔話よりも、今何を頑張っているのかに興味を持っているのかもしれません。

  • 【7】「平気で借金しそう」と金銭感覚を疑われる「ギャンブルが得意なこと」

    「儲からないようにできてるんだよ…」(20代女性)というように、今はプラス収支でも、いつか借金を背負って苦労するのではと思われるようです。「経済観念がしっかりした男性」に魅力を感じる女性も多いので、ギャンブルの話はイメージダウンだと考えておきましょう。

  • 【8】「一人ひとりと向き合ってないでしょ」と呆れられる「たくさんの女性と付き合った経験」

    「人間的にちょっと問題あるんじゃないの?」(20代女性)というように、恋愛した数より、質が大切だと多くの女の子は感じているようです。むしろ、一人の女の子を一途に愛し続けた人の方が、「硬派で男らしい」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【9】「なんでそんなことで競うの?」と理解されない「童貞を早く捨てたこと」

    「あんまり早いと元ヤンを疑う」(20代女性)というように、時期があまりにも早いと、乱れた性生活を送っていると思われるようです。仲間内では自慢できても、女の子からするとただの下ネタなので童貞を捨てた時期で競うのは控えましょう。

女の子には共感してもらえない「男らしさ」には、ほかにどんなものが考えられるでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock