女性に「優しい人だなぁ」と感心される居酒屋店員への接し方9パターン


人の本性は、「赤の他人」に対する接し方で垣間見えることがあります。たとえば女性と居酒屋で飲食をするとき、どんなに相手の女性に気を配っても、店員への態度ひとつで評価がガタ落ちすることも…。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「女性に『優しい人だなぁ』と感心される居酒屋店員への接し方9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】料理が運ばれてくるたびに、さわやかスマイルで軽く礼を言う

    「礼も言わずに店員さんを無視する人は冷たい印象かも」(20代女性)というように、多少なりとも感謝の気持ちを示さないとイメージダウンに繋がりかねません。お酒に酔っても横柄な態度を取らないように、笑顔で「ありがとう」と言いましょう。

  • 【2】店員が伝票に入力するペースに合わせて注文を伝える

    「余裕があって素敵だと思う」(20代女性)など、ちょっとした心遣いが好印象を与えるパターンです。早口で伝えるとせっかちで短気な性格だと思われることもあるので、店員の入力が自分のオーダーに追いついていることを確認しながら注文を進めましょう。

  • 【3】店員がお皿やグラスを落としたときに、「大丈夫?」とフォローする

    「根が優しい人なんだと思う」(30代女性)など、不測の事態に他人を思いやることで感心してもらえるようです。たとえ店員のミスで多少の迷惑を受けても、舌打ちや嫌な顔をするのは避けたいところ。冷静な対応をして器の大きさをアピールしましょう。

  • 【4】食べ終わったお皿やグラスを、片付けやすい位置に並べておく

    「家でも家事を手伝ってくれそう」(20代女性)など、結婚相手としての能力をアピールできそうです。店員が食器を下げてくれたときは「ありがとう」を忘れずに言うことで、より「優しい旦那様」のイメージを持ってくれるかもしれません。

  • 【5】料理がなかなか来ないとき、催促するのではなく「確認してください」と言う

    「謙虚な言い方が気持ちいい」(20代女性)など、低姿勢なスタンスが優しい人柄に見られるようです。イライラして店員への言葉遣いが荒くなると、せっかくのデートもムードが悪くなる危険があるので、あくまでも丁寧な言葉で話しましょう。

  • 【6】店員がオススメしてきた料理を「それもいいね!」と肯定してあげる

    「大らかな印象がする」(30代女性)と、店員のオススメにリアクションしてあげることで心の広さをアピールできそうです。ただし、店員が勧めるままに注文を決めると「自主性がない」と思われそうなので、女性の意見も聞きつつバランスよく注文しましょう。

  • 【7】料理を残すときに、「おいしかったんですけど、おなかいっぱいで」などと一言謝る

    「料理を作った人への思いやりが感じられる」(20代女性)と、感心してくれる女性もいるようです。ただし、女性に対しては「無理して全部食べなくていいからね」と言ってあげるのが男の優しさではないでしょうか。

  • 【8】「ハキハキした接客がグッドだね!」と、店員の良いところを褒める

    「自分が言われたとしたら、やる気が出ると思うから」(20代女性)と、一緒にいる女性まで少しイイ気分になれるようです。女性店員に「キミ、かわいいね」と言っても酔っぱらいオヤジにしか見えないなので、ビジュアルではなく接客を褒めてあげましょう。

  • 【9】退店時にはっきりと「ごちそうさまでした」と言う

    「ちゃんと言っている人ほど優しいと思う」(20代女性)など、お礼を言う声の大きさに比例して評価がアップしそうです。優しい男を演出するなら、最後まで気を抜かず、店員さんの目を見てはっきり「ごちそうさま」と言いましょう。

「女性に『優しい人だなぁ』と感心される居酒屋店員への接し方」には、ほかにどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock