女性が「雰囲気イケメンだなあ」と思う男性の特徴9パターン


よく見ると顔が整っているわけではないのに、なぜかカッコイイと思わせてしまう「雰囲気イケメン」。その秘密は一体どこにあるのでしょうか? 『オトメスゴレン』読者へのアンケートを参考に「女性が『雰囲気イケメンだなあ』と思う男性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】落ち着いた大人の雰囲気を錯覚させる「低い声」

    「顔はタイプじゃなくても、声が低いと話していてドキドキしてくる」(10代女性)というように、低い声はセクシーで大人の魅力を感じさせるようです。普段から意識すればある程度低い声は出せるので、低い声を出すときは聞き取りづらくないようにはっきりと話すようにしましょう。

  • 【2】服から漂うほのかな香りがたまらない「柔軟剤の香り」

    「そばに寄ると柔軟剤の香りがして、思わず頬ずりしそうに…(笑)」(20代女性)など、雰囲気イケメンは清潔感を大切にしているため、柔軟剤を使用している男性が多いようです。香水などのきつい香りではなく、石けんやシャンプー、柔軟剤などのほのかな香りで女性を惹き付けましょう。

  • 【3】体型に合った絶妙なサイジングの「シンプルなファッション」

    「一見ダラッとして見えるアイテムでも、体型に合っているとおしゃれに見える」(20代女性)というように、決め過ぎない、飾り過ぎないファッションがイケメン度を高めるようです。ただの「地味な男」にならないように、洋服を購入する際は試着して自分の体型に合っているか友人や店員さんにチェックしてもらいましょう。

  • 【4】切れ長でたまに眠たそうな「一重」または「奥二重」

    「ぱっちり目はかわい過ぎるので、シャープに見える細い目が好みです」(30代女性)というように、一重や奥二重の男性はクールな印象を与えるようです。一重または奥二重でつり目の男性はクール系、眠たそうなたれ目の男性はほんわか癒し系を目指すとよさそうです。

  • 【5】自分の好きな事なら妙に詳しい「少しオタク」

    「普段は無口なのに、プロレスのこととなると饒舌に話す姿がかっこいい男性がいました」(20代女性)というように、広く浅くあらゆるモノに詳しいよりも、ひとつのモノに詳しいほうが雰囲気のあるイケメンに感じられるようです。ただし、アイドルやアニメオタクは女性の理解を得るのが難しいので、「戦国史」や「70年代のロック」など男らしさを感じるもののほうが無難でしょう。

  • 【6】ぼさぼさだけど計算し尽くされた「寝起き風の無造作な黒髪」

    「髪がもっさりしているとかわいらしい」(20代女性)など、整髪料を多用しないぼさっとした髪型は母性本能をくすぐるようです。さらに茶髪よりは無骨な黒髪のほうがもっさり感を出すことができるでしょう。ただの重たい髪にならないように、美容院でおしゃれにカットしてもらう必要がありそうです。

  • 【7】関節が太く骨張っている「細い指や手首」

    「体は華奢だけど、関節だけゴツゴツしていると男を感じる」(30代女性)など、関節などの骨張った感じは女性にはないものです。すらっとした中性的な体なのに骨っぽくて男らしいというギャップが女性をキュンとさせるようです。贅肉のないボディを目指して、食べ過ぎないように気をつけましょう。

  • 【8】ひょうひょうとして多くを語らない「ミステリアスな態度」

    「雰囲気イケメンは肩の力が抜けているので、逆に気になる」(20代女性)というように、とらえどころがなく何を考えているかわからない様子が女性の心を惹き付けるようです。他人の目を気にせずマイペースに過ごすには、ある程度の図太さと自信が必要かもしれません。

  • 【9】はかなげで文学青年の香りがする「血管が浮き出るほど白い肌」

    「ちょっと病弱な感じに萌えます(笑)」(20代女性)というように、雰囲気イケメンはスポーツマンというよりは文学や音楽、アートなど文化系の香りがするようです。アウトドアを楽しむときは、日焼け止めで紫外線対策を徹底しましょう。黒ぶちメガネをかけるとさらに雰囲気が増しそうです。

ほかにも「こんな雰囲気イケメンがいた」というエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(高清愛子)
Photo:All images by iStock