彼女が「どうしてもそばにいてほしい!」と思う瞬間9パターン


好きな人とはいつでも一緒にいたいものですが、女性には、特に強烈に「一緒にいてほしい」と思う瞬間があるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「彼女が『どうしてもそばにいてほしい』と思う瞬間」をご紹介します。

  • 【1】誰にも相談できない深刻な悩み事があるとき

    「悩み事はやっぱり一番に彼氏に聞いてほしい」(20代女性)など、思い悩んだときほど彼氏と一緒にいたいと考える女性は多いようです。親身になって聞いてあげるだけで、女性の欲求は満たされるので、「相談があるんだけど」と切り出されたら、忙しくても時間をとってあげましょう。

  • 【2】誕生日や記念日など、二人にとって大切な日を迎えたとき

    「大切な瞬間は二人で一緒に迎えたい」(20代女性)と考える女性は多く、深夜12時前後だけでも一緒に過ごすことに意味があるようです。仕事などで、当日のデートが難しい場合は、このわずかな時間だけは確保する努力をしましょう。

  • 【3】台風や地震などで心細いとき

    「一人でいると余計に心細くなっちゃって…」(20代女性)と本音を漏らす女性もいます。大人になっても、台風や地震を怖いと思う気持ちには変わりがないようです。とはいえ、天災は急に襲ってくるもの。一緒にいられない場合は、電話などで無事を確認しましょう。

  • 【4】体調が悪くて寝込んでいるとき

    「体調が悪いと気持ちも沈む」(20代女性)という女性は多く、お見舞いに行ってあげるだけで心強く感じるようです。「病は気から」ともいいます。言葉で勇気づけ、できれば栄養のつく手料理を作って、さらに元気づけてあげましょう。

  • 【5】友達とケンカをして落ち込んでいるとき

    「女友達とケンカしたら、頼れるのは彼氏だけ」(20代女性)という女性は多く、一緒にいるだけで優しさをアピールすることができるでしょう。「大丈夫、仲直りできるよ」と励ましてあげれば、彼女も友達と仲直りをする自信が持てるのではないでしょうか。

  • 【6】バレンタインなどカップルのイベント日で、街が浮かれているとき

    「せっかく彼氏がいるのに、イベントを満喫できないのは寂しい」(20代女性)と不満を漏らす女性もいます。カップルで街が盛り上がっている日は「自分も一緒になって楽しみたい」と感じるのでしょう。自分がイベントを重視しなくても、彼女のテンションに合わせてあげるのが優しさというものでしょう。

  • 【7】自分の部屋にゴキブリが出たとき

    「ゴキブリが出た部屋に一人でいるなんてムリ!!」(20代女性)と訴える女性もいます。多くの女性はゴキブリなどの虫が苦手なので、彼氏に退治してもらい、安心したいのだと考えられます。たとえ自分も虫嫌いでも、その素振りを見せず男らしく駆けつけてあげると喜ばれるでしょう。

  • 【8】仲の良い友達が結婚したとき

    「友だちが幸せになると、ちょっと寂しい」(20代女性)という本音もチラホラ…。祝福する気持ちはもちろんありながら、一言では言い表せない、複雑な心境になるようです。一緒にいることで、彼女にも幸せを感じさせてあげるといいでしょう。

  • 【9】一人で寝ていて怖い夢を見たとき

    「怖くて寝付けない夜は、彼氏にいてほしくなる」(20代女性)など、怖がりな女性ほど、彼氏を必要とする夜があるようです。夜遅すぎて駆けつけられない場合は、たとえそれまで寝ていても、電話などで「怖がらなくていいよ」と安心させてあげましょう。

ほかにも「こんなときそばにいてほしいと言われた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock