デート中の電話対応6ステップ


好きな女子と楽しいデート中、「プルルル???」と携帯電話が鳴り響くと、どんな用件であれ少々水をさされた気分になるもの。それは当然、女子だって同じことです。せっかくのデートを盛り下げないためにも、スマートな電話対応を心がけたいですね。そこで今回は、「デート中の電話対応6ステップ」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】着信相手を確認して「友達の○○から」と伝える

    誰からの電話なのかが不明だと、女子に余計な不安を与えてしまいます。電話を取る前に、相手の名前や自分との関係をさっと簡単に伝えておきましょう。

  • 【2】「今出てもいい?」と許可をとる

    たった一言確認するだけで、相手への配慮が伝わります。ここで「出ちゃダメ」という女子はあまりいないでしょう。

  • 【3】彼女の目の前で通話する

    わざわざ離れた場所まで移動したりすると、待たされる彼女は不安になります。彼女の目の前で堂々と話しましょう。

  • 【4】通話はなるべく短く終える

    用件にもよりますが、彼女を待たせている以上長電話は厳禁です。「ちょっと出先なので」と前置きするなどして、なるべく短めに終えましょう。

  • 【5】「○○の話だった」と内容を教える

    何の用件の電話だったのか、彼女に簡単に伝えましょう。内容を細かく話さなくとも、情報をオープンにすることで信頼感が増します。

  • 【6】携帯電話は見えないところにしまう

    鳴ったばかりの携帯が目に付くところに置いてあると、少々気になるものです。通話後は服のポケットなどにしまって、二人の会話に集中しましょう。

好きな彼女に好印象を与える電話対応6ステップ、いかがだったでしょうか? みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock