「好きなタイプは?」と聞かれたときの答え方8パターン


男女混合の飲み会などで、「○○くんはどんな女性がタイプなの?」と聞かれることは意外とよくあります。定番の話題だけに何気なく答えがちですが、その回答は女子に意外な印象を与えてしまっているかもしれません。そこで今回は、「『好きなタイプは?』と聞かれたときの答え方8パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】ストレートに「君みたいなタイプ」と答える

    やや勇気が要りますが、好意をもっている相手には良い答えです。ただし、誰相手にでもこう答えていたら軽蔑されます。

  • 【2】「女優の○○さん」などの芸能人で答える

    宴の席を盛り上げる効果は高いですが、理想の高さをアピールすることにもなります。あまり有名ではない人の名前をあげるのも避けるべきです。

  • 【3】「美人な人」「色白な人」などの容姿面で答える

    第一印象重視である、というアピールになります。相手がその条件にあっていれば好印象ですが、深みのない男と思われる危険性もあります。

  • 【4】「元気な人」「優しい人」などの性格面で答える

    どんな女性に対してもネガティブな印象を与えない回答です。やや面白みに欠けるので、その理由まで答えられるようにしましょう。

  • 【5】「一緒にいて落ち着く人」などの相性面で答える

    実際にはある程度付き合ってみないと判断できないため、オールマイティな答え方といえます。

  • 【6】「好きになった人がタイプ」と答える

    ストライクゾーンの広さをアピールできます。ただし具体性が乏しいため、「じゃあ今まで付き合った人は?」などの質問に発展しそうです。

  • 【7】聞いてきた女子の「髪型」を答える

    遠まわしな好意の表現になります。まだ親しくない相手にも、恋愛対象として意識させることができそうです。

  • 【8】「浮気する人だけはイヤだけど」などと嫌いな条件を答える

    自分のこだわりや、何を大切にしているかが伝わります。ただしあまり重い内容だと、過去の恋愛のトラウマなどを想像させそうです。

ある意味、女子への好意を伝えるチャンスでもある「好きなタイプ」の答え方。ほかにはどんな回答があるでしょうか? みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock