「結婚」を意識しはじめると逆に長所に見えてくる「男性の短所」9パターン


結婚を意識すると、相手への要望も微妙に変わってきます。そのため、男性として魅力的であるかどうかとは別の部分が評価されることがあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『結婚』を意識しはじめると逆に長所に見えてくる『男性の短所』」をご紹介します。

  • 【1】ケチだと感じるほどの節約好き

    「彼氏がケチだと嫌だけど、夫になったら浪費家のほうが困る」(20代女性)など、女性から嫌がられることの多い「節約好き」は、生計を一にする夫となる場合、プラスに働く特性になるようです。結婚を前提としたお付き合いの相手には、多少ケチな部分を見せてもいいでしょう。

  • 【2】おしゃれに無頓着で見た目がイケていない

    「結婚相手がおしゃれだと、自分も頑張らなきゃいけなくて大変」(20代女性)など、魅力的な男性を評価しつつも、その努力を自分にも求められるような気がして二の足を踏む女性もいるようです。徐々にドレスダウンしていくと、女性に安心感を与えられるかもしれません。

  • 【3】慎重過ぎて優柔不断なところがある

    「自分で操縦できる夫のほうが楽かも(笑)」(20代女性)など、結婚後の力関係を考えて、むしろ「男気のないタイプのほうが楽だ」と判断する女性もいるようです。優柔不断な自覚のある男性は、姉御肌の女性と交際すると、自分の短所を温かく受け入れてもらえるのではないでしょうか。

  • 【4】仕事が忙しくてなかなか会えない

    「むしろ新鮮なドキドキ感をキープできそう」(20代女性)など、長い結婚生活を考えて、多忙な男性に魅力を感じる女性もいるようです。仕事を頑張りたい男性は、甘えん坊の女性より、クールで飽きっぽい女性と交際したほうがうまくいくかもしれません。

  • 【5】お酒がまったく飲めない

    「家族にはずっと健康でいてほしい。飲めないくらいが一番」(20代女性)など、相手の健康面を考慮して、お酒が飲めないことを長所ととらえるケースです。お酒が飲めない男性は、健康オタクの女性にアピールしてはいかがでしょうか。

  • 【6】家事が苦手で部屋が汚い

    「専業主婦をしてるだけで感謝されそう」(20代女性)など、夫の家事能力が低いほうが自分の行いが評価されると考える女性もいるようです。専業主婦志望の女性になら、「家のことは全部奥さんに任せたい」という言葉が甘く響くかもしれません。

  • 【7】極端に真面目であまり面白味がない

    「面白い人はモテるから浮気が心配」(20代女性)など、堅物の男性に「夫としての適性」を感じる女性もいるようです。たしかに浮気は、もっとも離婚の原因となりやすいものです。あまりモテない男性は、誠実さを売りにして女性にアプローチをしてみましょう。

  • 【8】食べることが好きで少しメタボ気味である

    「自然と『料理上手な奥さんがいるんだな』と思われそう(笑)」(20代女性)など、メタボ体型の男性に対して好意的な感想を持つ女性もいます。ただし「多少のメタボ」であることが重要なポイント。健康に害があるほど太っているようなら、ウエイトコントロールをしましょう。

  • 【9】マニアックな趣味にのめり込んでいる

    「趣味がある人ならお互いの時間を大切にできそう」(20代女性)など、始終かまってあげる必要のない、一人の世界がある男性に好意を持つ女性もいるようです。オタク気質の男性は、趣味の多い女性や、女友達との関係を大切にする女性と相性がいいかもしれません。

ほかにも「結婚を考えるとこんな短所も長所に見える」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock