誠実そうで好印象なのに「なぜかモテない男性」の特徴9パターン


男の自分から見て「女性ウケがよさそうなのに、なんで彼女がいないんだろう?」と不思議に思う男友達はいませんか。まじめでいい人そうなのに女性のハートをつかめない人には、どのような特徴があるのでしょうか。『オトメスゴレン』女性読者のアンケートを参考に「誠実そうで好印象なのに『なぜかモテない男性』の特徴」をご紹介します。

  • 【1】自分からデートに誘えない「押しの弱い男性」

    「やっぱり女性ですから、男性にリードしてもらいたい」(20代女性)という意見のように、男性には多少の強引さを求める女性が多いようです。失敗を怖がらずに勇気を出して、好きな相手を積極的にデートに誘ってみましょう。

  • 【2】誰に気があるのかまったくわからない「八方美人の男性」

    「誰にでも平等に接しているのを見ると、自分に優しくしてくれても特別な意味はないんだろうなぁと思う」(20代女性)という意見のように、女性は特別扱いしてほしいものです。気になる相手には、特に優しくするようにしましょう。

  • 【3】胸キュンポイントのない「内面と外見のギャップがない男性」

    「打ち解けてきても、見た目通りの人だと新しい発見がなくてつまらない」(30代女性)という意見のように、ギャップがない男性には興味が湧かず、気になる存在になりにくいようです。「さわやかに見えて実はワイルド」など、ギャップをアピールしてみましょう。

  • 【4】その人らしいセンスが感じられない「ファッションが無難すぎる男性」

    「周りと差がないと印象に残らないし、年齢を重ねるほど外見に人柄が表れると思う」(30代女性)というように、ファッションにもこだわりを持ってほしい女性は多いようです。好みのショップの店員さんに相談して、アドバイスしてもらうのもいいかもしれません。

  • 【5】人間的な面白みがない「弱点が少ない男性」

    「どこかデコボコしていたりアクが強かったりするほうが、人として興味が沸く。ほんの少しの『毒っ気』は必要だと思う」(20代女性)という意見のように、パーフェクトな男性というのも面白みに欠ける存在のようです。あえて自分の弱点をアピールすると親近感が出せそうです。

  • 【6】普段は感じがいいのにふとした場面で細かさが露呈する「ケチな男性」

    「損得勘定や計算が透けて見える人は、友達としても楽しくなさそう」(20代女性)という意見のように、金銭面での細かさはもちろん器が小さい生き方の「ケチ」な行動は男を下げてしまう恐れがあります。食事の会計時の端数は自分が出すなど、細かいことは気にしないよう心がけましょう。

  • 【7】こちらから質問しないと話が続かない「シャイすぎる男性」

    「口数が少ないと近づきにくいし、こちらが質問してばかりで疲れた…」(10代女性)という意見のように、沈黙が続くと女性に気を使わせてしまうようです。話すのが苦手な場合はあらかじめ質問を用意しておいて、相手の趣味や仕事について聞き出すようにしましょう。

  • 【8】いつも受け身で他人任せの「優柔不断な男性」

    「みんなで話し合っているときにちゃんと意見を出さないと、主体性がなさそうに見える」(20代女性)というように、受け身の男性は頼りなく感じるようです。話し合いのときには自分の意見を持つように心がけましょう。自分から提案できるようになれば、頼もしく思われそうです。

  • 【9】態度が丁寧すぎてなかなか距離が縮まらない「いつも敬語の男性」

    「何度も会っているのにいつまで経っても敬語だと『仲良くなりたくないのかな?』と思う」(10代女性)というように、丁寧すぎる態度に近寄りがたさを感じる女性もいるようです。「タメ語でもいい?」と聞くなど、2、3度会ううちに話し方を崩していくと相手との距離も縮まるでしょう。

ほかにも「誠実そうで好印象なのに『なぜかモテない男性』」がいたら教えてください。皆さんのご意見お待ちしています。(高清愛子)
Photo:All images by iStock