チョコをもらえない男子にありがちなバレンタインの行動8パターン


バレンタインを意識するあまり、ぎこちなく振る舞ってしまう男性は少なくありません。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者から寄せられた「チョコをもらえない男子にありがちなバレンタインの行動」をまとめてご紹介します。

  • 【1】「お菓子メーカーの陰謀だ!」などと、お決まりのバレンタイン批判を展開する

    「『製菓会社を儲けさせるだけ』という考え方がセコい」(20代女性)など、この手の発言は女性ウケがイマイチのようです。「女性が男性にチョコを渡す国は日本だけ」といったウンチクも、「ここは日本!」(10代女性)とバッサリ切り捨てられるのが関の山です。

  • 【2】服装や髪型に、やたら気合が入っている

    「いつも寝グセだらけの男子が、整髪料で固めた頭で登場すると笑う」(10代女性)というように、女性の本音は辛らつです。「バレンタイン前に突然おしゃれになる男性はちょっと…」(20代女性)など、あからさまなスタイルの変化には、戸惑う女性も多いようです。

  • 【3】「あれ? きょうって14日?」とつぶやくなど、バレンタインを意識していないことをアピールする

    バレンタインデー当日だということを忘れていたふりをする男性もいるようですが、「トボケかたがわざとらしい」(20代女性)と失笑されるのがオチです。「意識しているのがバレバレでみっともない」(20代女性)と呆れられては元も子もないので、注意しましょう。

  • 【4】用もないのに、いつまでも教室や職場に残り続ける

    「放課後ずっと残っている男子は、全員『モテない奴』認定!」(10代女性)というように、教室や職場に居続けることで「未練がましくチョコを待っているのでは?」(10代女性)と邪推される場合があります。あらぬ誤解を避けるためにも、無用な長居は禁物です。

  • 【5】ちょっと話しかけただけなのに、「えっ、何?」と前のめり気味で反応する

    バレンタイン当日は、女性からのアプローチを期待するあまり「声をかけたときの反応が異常に大きい」(20代女性)という男性が少なくありません。「ただの仕事の用件なんだけど…」(20代女性)といった行き違いはバツが悪いので、早とちりには気をつけましょう。

  • 【6】「俺、甘いもん好きじゃないし」と、誰も聞いていないのに「チョコ嫌い」を宣言する

    「『俺、チョコとか食わねえし』と言うが、そもそもあんたにあげる予定はない!」(20代女性)など、「甘いもの嫌い」をわざわざ公言することで、女性の反感を買ってしまう場合があります。たとえ本心でも、大人げない発言は慎んだほうがよさそうです。

  • 【7】「バレンタインぐらいで浮かれてるヤツって馬鹿じゃね?」などと、バレンタイン自体を否定する

    「『こんなことで浮かれて…』って、ひがみっぽい!」(20代女性)など、バレンタイン批判と受け取ることのできる発言は、周囲の楽しい気分に水を差すようで考えものです。「空気読め!」(20代女性)と言われないためにも、ほどほどにしておきましょう。

  • 【8】ソワソワと落ち着きがなく、不自然に周囲の様子をうかがっている

    「何度も机をチェックしている姿が気の毒」(10代女性)、「用もないのにウロウロするアラフォー課長。いい年をして情けない」(20代女性)など、ソワソワと落ち着きがない様子は、女性たちから哀れまれてしまうおそれがあるので、少しは人目を考えましょう。

男性のタイプによって、ほかにも「チョコをもらえない男子にありがち」と見なされてしまう行動が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock