好感度が高いチョコのもらいかた9パターン


不景気にも関わらず、街はバレンタインデームードで一色。そう、世の女性たちは、この愛なき時代にわざわざ身銭を切ってチョコを用意してくれているのです! だからこそ、男子だって例年よりも豊富なリアクションを駆使して、チョコをくれた女性に「あげて良かったな」と思われなくてはなりません。そこで今回は、好感度が高いチョコのもらいかたを9パターン紹介いたします。

  • 【1】「え、俺に!?」「マジで!?」「うぉ!」など、とりあえず驚く

    チョコを渡した相手に喜んでもらえるかどうか、女性は少なからず不安に思っています。その想いを汲んで、まずはアクセル全開で驚いて喜ぶことが受け取る側の作法です。というより、チョコをもらっても驚かない男は自意識過剰に見られる恐れがあるので注意するべきでしょう。

  • 【2】「甘いもの好きなんだよね?」と言い、包装紙を開ける前に喜ぶ

    包装紙を開ける前の「甘党宣言」は、食べた後のオーバーリアクションに説得力を持たせるための布石です。また、恋愛感情と切り離してチョコをもらえることの喜びを伝えることもできるので、どんな相手にも使える万能型のセリフなのです。

  • 【3】包装紙を観察した上、丁寧に開ける

    時間をかけてカワイイ包装紙を選んでいる女の子も存在します。包装紙をじっくりと観察せず、ガサツに破いた場合、女の子にショックを与える可能性もあるので、包装紙の取り扱いには注意しましょう。

  • 【4】その場で一口食べて、すぐに感想を伝える

    目の前で食べながら発せられる「生の感想」と、後からメールなどで送られてくる感想はリアリティに大きな差があります。食べたことを証明するためにも、チョコをもらったらその場で一口食べて感想を言ってあげるべきでしょう。

  • 【5】買った場所や、手作りの場合は作り方を聞いてみる

    チョコを買った場所や作り方などを聞くと、結果的に「どれを買うか、すごい迷ったんだよね」や「朝5時に起きて作ったの」などのプチ苦労話を引き出せることも。その話に感謝して、チョコをより美味しく味わうためのスパイスとして受け止めることが、度量の大きい男としての作法です。

  • 【6】「うれしい」「ありがとう」をハッキリ言う

    日本には素直にお礼を言えないシャイ・ボーイが多いそう。とはいえ、チョコは渡す方が何倍も恥ずかしいのですから、女子としては全力の「ありがとう」を5回は聞けないと割に合わないと思うはずです。

  • 【7】逆チョコを渡して、カウンターで感動を誘う

    チョコをもらえることが事前にわかっている場合は、逆チョコを用意してサプライズを演出するのもひとつの手段。とはいえ、あまり豪華なチョコを用意すると女性のお株を奪うことになってしまうので、平均的な価格の一品を選択するべきでしょう。

  • 【8】ホワイトデーの予定を聞いて、お返しをほのめかす

    ホワイトデーはわずか1ヵ月後です。早めにお返しの可能性を伝えてあげると、女性はスケジュールのやりくりに迷わなくて済むので喜んでもらえるはず。

  • 【9】帰った後に、改めてメールで感想とお礼を言う

    終わりよければすべて良し。1日の最後に熱めの感謝メールを送ることで、相手は安心するとともに、「2月14日の最後までカレの気持ちを揺さぶった女」として、誇りを持って眠ることができるでしょう。

他には、どんなリアクションの好感度が高いでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock