別れ話を終えた直後に浮かび上がる「後悔の念」9パターン


別れたあとに後悔しても遅いのですが、恋愛においては、失敗してこそ気づくことがたくさんあるもの。もちろん他人の失敗経験から学ぶことも少なくないでしょう。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に、「別れ話を終えた直後に浮かび上がる『後悔の念』」をご紹介します。

  • 【1】普段からもっと優しく接してあげればよかった

    「いつも耐えてたんだなと思い、自責の念が湧いてきた」(20代男性)など、優しさの欠如を反省する男性は少なくないようです。日頃から、自分のためだけではなく、彼女のことも考えたうえで行動しているか、考える習慣をつけてみましょう。

  • 【2】「親しき仲にも礼儀あり」を徹底しておくべきだった

    「言いたいことを言い過ぎた…」(20代男性)など、過度な干渉によって関係性にヒビが入ったと考える男性もいるようです。互いに遠慮しない関係でいられるのは素晴らしいことですが、それで相手に対する気遣いまで失わないよう、注意しましょう。

  • 【3】疲れているときでもちゃんと話を聞いてあげればよかった

    「何でも話せる相手なんて自分しかいなかったのに…」(20代男性)など、彼女に息抜きをさせてあげられなかったことを後悔しているパターンです。しゃべることでストレスを解消する女性は多いので、交際中は「いつでもあなたの話を聞くよ」という姿勢を見せるようにしましょう。

  • 【4】結婚について、もっと知識を深めておくべきだった

    「ラブラブだったのに、結婚に向けての準備で亀裂が入った」(30代男性)など、結婚準備中に互いの意思がぶつかり合って関係が悪化した男性もいるようです。スムーズな意見の擦り合わせを実現するためにも、結婚準備を進める前には知識を蓄える必要があるでしょう。

  • 【5】感情的に言い合わず、冷静に話し合えばよかった

    「カッとなって、ひどいことを言ってしまった…」(20代男性)など、ケンカ中に相手を傷つけたことを後悔しているパターンです。感情的になりがちな場面でも、自分が言われたら絶対に許せないと思うようなことを口にするのは控えましょう。

  • 【6】たとえ遠距離恋愛でも、無理してたくさん会っておくべきだった

    「会えない寂しさが別れの原因になったから…」(20代男性)など、デートの頻度を減らしてしまったことを悔やむ男性もいます。たとえ遠距離恋愛で会えなくなっても、電話やLINE、手紙などで、それまで以上にコミュニケーションを取ろうとする姿勢を見せたほうがいいでしょう。

  • 【7】彼女に対して、しつこく問いつめ過ぎなければよかった

    「僕からの質問に彼女が恐怖を感じるようになってしまった」(20代男性)など、彼女を追及したことを悔やんでいるパターンです。「さっきの話と矛盾してない?」「問題全体を俯瞰した説明を聞かせて?」といった論理的な説明の要求は、相手を精神的に追いつめることだと覚えておきましょう。

  • 【8】変なプライドを持たずに、素直な気持ちを出すべきだった

    「痛いことを指摘されると、反論ばかりしてしまった」(20代男性)など、余計なプライドによって彼女との仲がぎくしゃくしたことを後悔しているケースです。たとえ嫉妬や羨望などを感じたのだとしても、むやみに意地を張らず、素直な気持ちをぶつけるようにしましょう。

  • 【9】とりあえず謝って済ませようとせず、ちゃんと思いを伝えるべきだった

    「何度も同じ過ちを繰り返すだけだったから」(30代男性)など、問題を根本的に解決してこなかったことを残念に思う人もいます。ケンカはふたりの関係をより良いものに変えていくチャンスなので、その場しのぎの対応をせず、相手を傷つけないように配慮しながら、きちんと自分の思いを伝えましょう。

このほかに、「別れ話を終えた直後に浮かび上がる『後悔の念』」はありますか?皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock