女性も大喜び?チョコレートをもらったときの一言9パターン


バレンタインデーにチョコレートをもらう機会があると思います。チョコレートの受け取り方で、女の子に好印象を残すため、気の利いた一言を言いたいものです。では、女の子を喜ばせるためには、どのような一言が有効なのでしょうか。そこで今回は、「チョコレートをあげたとき、男性から言われたい一言」をご紹介させていただきます。

  • 【1】「ホワイトデー、お礼させてもらいます。」

    ホワイトデーにお返しすることを宣言するパターンです。約束を破った場合、「約束を守らない男」というレッテルを貼られる恐れがあるので、約束した女の子のことをしっかりと覚えておき、ホワイトデーにお返ししてあげる必要があります。

  • 【2】「気持ちのこもったチョコレート、ありがとう。」

    シンプルにお礼を伝えるパターンです。「気持ちがこもったチョコレート」という表現を使うことで、感謝の気持ちを強くアピールすることができます。ただし、みんなに配っているようなチョコレートに対して、「気持ちがこもっているチョコレート」と褒めた場合、逆に嫌味だと思われる可能性があるので注意しましょう。

  • 【3】「気を遣ってもらってすみません。」

    「すみません。」と謝り、恐縮するパターンです。謙虚な印象を与えることができます。ただし、「すみません。」と何度も言った場合、女の子に「喜んでもらえなかった。迷惑だったかな?」と不安を与える可能性もあるので、言い過ぎないように注意が必要です。

  • 【4】「今日の夜、時間ある?食事でも行こうよ。」

    その場でデートに誘う積極的なパターンです。もしデートの誘いにOKをもらえた場合、急接近できるチャンスとなるでしょう。ただし、単なる義理チョコレートだった場合には、あっさりと断られる可能性があるので、見極める眼力と度胸が必要となるでしょう。

  • 【5】「可愛いラッピングだね。ありがとう!」

    チョコレートのラッピングにも注意して、褒めるパターンです。ラッピングにもこだわっている女の子がいるので、そのような女の子に対しては、有効な表現となります。渡されるチョコレートには細心の注意を払う必要があります。

  • 【6】「◯◯さんからもらえたことが、本当に嬉しい。」

    女の子の名前を呼び、喜びを表現するパターンです。名前を呼ばれることで、ドキッとする女の子もいるはず。しっかりと目を見て、伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「これ、本命チョコレートだと思っていいかな?」

    男性自ら「本命」というキーワードを言い放ち、女の子の意表をつくパターンです。女の子から「そうだよ。」と言葉を引き出すことができれば、二人は急接近するはず。一方、「何、勘違いしているの?」と厳しいツッコミを受ける可能性があるリスクの高い表現だと考えられます。

  • 【8】「今度、ご馳走させてよ。」

    チョコレートをもらった直後にお礼の食事に誘うパターンです。ホワイトデーは一ヶ月先なので、ホワイトデーよりも前にデートすることで、彼女に急接近できるでしょう。

  • 【9】「今年、一番嬉しいチョコレートです。」

    喜びを表現するパターンです。「一番嬉しい!」ということが伝わるように、全力で表現しましょう。ただし、同じ学校や職場などで複数の女性に同じことを言わないように注意しましょう。「みんなに同じこと言っている!」と噂になった場合、評判を取り戻すことは大変な作業です。

みなさんが実際に言えそうなフレーズはあったでしょうか。他にも女の子を喜ばせる言葉はたくさんあると思います。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All mages by iStock