彼女とのケンカを通して学んだ「上手に会話をする秘訣」9パターン


些細なことがきっかけで、恋人とケンカに発展してしまうことはよくあるもの。そんなとき、どうすれば険悪なムードを上手に回避できるのでしょうか。今回は『スゴレン』男性読者に聞いた「彼女とのケンカを通して学んだ『上手に会話をする秘訣』」を紹介します。

  • 【1】相手の言いたいことを最後まできちんと聞く

    「途中で口を挟まずに、まずは彼女の言い分を全部聞く」(30代男性)と、ケンカが勃発したときは冷静に相手の意見を聞く姿勢が重要なようです。彼女の気持ちを鎮めるには、心のモヤモヤを全て吐き出させることが第一といえるでしょう。

  • 【2】男が先に謝り、我慢と忍耐の心を持つ

    「ケンカしたときは大抵男が悪い。妥協も大事」(20代男性)と、広い心を持って先に自分が折れることも、非常に大切なことのようです。あとから謝ろうとすると余計にプライドが邪魔をしたりするので、あえて先手を打ったほうが自分のためかもしれません。

  • 【3】意見したくても、論理的に責めてはいけない

    「男は理詰めで説明しがちだけど、女はますます感情的になって怒るから」(20代男性)と、男女の思考の違いを受け止めて、慎重に言葉を選ぶ人もいるようです。「これだから女は…」などと一般論を口にすると、余計に彼女を逆上させてしまうかもしれません。

  • 【4】女性の意見に対するアドバイスや反論は控える

    「最終的には彼女の意見に賛成しなければいけないから」(30代男性)というように、女性が怒っているときは徹底的に自分の意見を封印するのが得策のようです。反論や提案は、彼女に「どう思う?」と意見を求められたときのみ答えるようにしましょう。

  • 【5】言葉で説明するより、行動で示す

    「『好きだよ』『お前しかいない』という言葉より、何も言わずに抱きしめたほうが説得力がある」(10代男性)と、彼女の不信感を払拭するには行動で示すのが一番のようです。口ゲンカが加速してきたら、あれこれ言い訳を探すよりも試してみる価値はありそうです。

  • 【6】言ってはいけないキーワードを、日頃から把握する

    「こっちは何とも思っていなくても、突然キレられることもあるから」(20代男性)と、彼女の怒りを買うポイントを頭に入れておくことも重要なようです。彼女が突然不機嫌になったときは、何か言ってはいけないことを口にしてしまったと心得ておきましょう。

  • 【7】「好きなら俺を理解して」と自分の価値観を押し付けない

    「自分の希望ばかり押し付けてはいけない。お互いの価値観を尊重する気持ちを持つ」(20代男性)と、常に彼女と対等な関係で話を進めることも大切なようです。お互いに譲れないもめ事が発生したときは、場合によっては距離を置くなどの工夫が必要かもしれません。

  • 【8】彼女に対し、常に感謝の気持ちを伝えるようにする

    「何事も当たり前に感じるようになってしまうと、ケンカになりやすい」(10代男性)と、感謝の言葉がないことが彼女との間に壁を作る原因にもなるようです。日頃から「ありがとう」と伝えるようにすると、些細なケンカを防止する効果があるでしょう。

  • 【9】カッとなっても「別れよう」だけは口にしない

    「本気で別れるつもりでケンカしているのか、仲直りしたいのか自問自答する」(30代男性)と、自分を見つめて、興奮する気持ちをどうにか落ち着けようとする人もいるようです。取り返しのつかないことになる前に、まずは冷静さを取り戻しましょう。

ほかに「彼女とのケンカを通して学んだ『上手に会話をする秘訣』」には、どのようなものがあるでしょうか? みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock