気になる男性に対して、「いい加減、私の気持ちに気づいてよ!」と叫びたくなる瞬間9パターン


「好き」と言葉にはしなくても、女の子は付き合いたい男性にひそかにアプローチをしているもの。男性が、なかなかそれに気づかないと、気持ちは離れていってしまうでしょう。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、気になる男性に対して、「いい加減、私の気持ちに気づいてよ!」と叫びたくなる瞬間を教えていただきました。

  • 【1】手をつなぐために体を近づけても反応してくれないとき

    「不自然なくらい近くを歩いているのに、なぜ無反応?」(20代女性)というように、体を近づけても手をつなごうとしないことに嫌気がさすようです。歩いているときに女の子の手が当たるようなときは思い切って手をつなぎ、気持ちに応えましょう。

  • 【2】「どんな恋愛をしたいの?」と聞いたのに、「特にない」と言われたとき

    「『私』とは恋愛したくないですか。そうですか」(10代女性)というように、恋バナを振ってそっけない反応をされるとガッカリするようです。思いつかないときは「特にない」で終わらせず「○○ちゃんはどんな恋愛したいの?」と尋ねるなど、会話を膨らませる努力をしましょう。

  • 【3】「彼氏がほしいなぁ」と言ったら、「合コンしよっか?」と提案されたとき

    「目の前にあなたがいるじゃないですか!!」(20代女性)というように、告白するくらいのつもりで「彼氏がほしい」と言ったのに、はぐらかされてガッカリする女の子もいるようです。女の子の好意に気づいたら、「俺も彼女がほしい」と自分もその気があることをアピールしましょう。

  • 【4】露出多めの服を着たのに「寒くない?」と冷静に言われたとき

    「寒さを我慢して着ているんです!」(20代女性)というように、自分の魅力をアピールする服装をしたのにトンチンカンな反応をされ、イラッとする女の子もいるようです。寒さを心配する前にまず「似合うね」と褒めましょう。

  • 【5】じっと見つめているのに、話に夢中で気づかれなかったとき

    「どんだけ目を合わせる気がないのよ」(10代女性)というように、どれだけ顔を見つめても無反応だと悲しくなるという女の子もいます。普段から女の子と目を合わせて話せば、目で伝えようとしている好意も受けとることができるでしょう。

  • 【6】「そういうところが好きだよ」と言っても冗談扱いされたとき

    「言い方に問題があったかもしれないけど、ホントに好きなんだよ…」(10代女性)というように、「好き」と言っているのに本気にされずガッカリする女の子もいます。どんなカタチであれ、女の子は好意がある相手にしか「好き」と言わないものと心得ておきましょう。

  • 【7】相手にドンピシャな男性像を語ったのに、気づいてもらえなかったとき

    「『ふーん』とか言ってるけど、どう考えてもあなたでしょ?」(20代女性)というように、暗に男性が理想のタイプだと伝えても気づかれずに嫌気がさす女の子もいます。相手が挙げるタイプが自分に当てはまると感じたら、「それって俺のこと?」と冗談っぽく確認してみましょう。

  • 【8】二人でいるときに元カノの話題をだされたとき

    「好きな相手の前では普通、異性の話しないでしょ?」(10代女性)というように、元カノの話題を出されるとガッカリするようです。どんなカタチであれ、女の子と二人きりでいるときは、異性の話を避けたほうがいいでしょう。元カノの話はもってのほかです。

  • 【9】別れ際に「帰りたくない…」と上目遣いで言ったのに「え?」と返されたとき

    「こっちが、『え?』って言いたいよ」(20代女性)というように、帰りたくないと言ったときの男性の反応が鈍くてガクゼンとしたという女の子もいます。ダメなら「今日は帰ろうか」、いいなら「いいよ」と顔を見ながらキチンと伝えましょう。

ほかにも、女の子の好意に気づいてあげられなかったというエピソードがあれば教えてください。 ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock