彼女が「大事にされていない」と感じる瞬間9パターン


せっかく付き合ったのであれば、彼女を安心させ、幸せな気持ちにさせてあげたいもの。間違っても、「私は大事にされていない」などと感じさせてはならないでしょう。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「彼女が『大事にされていない』と感じる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】お互い仕事が休みなのに連絡がない

    「『私に会いたくないの?』って思っちゃう」(20代女性)など、休みの日にも連絡しないほど無精だと、彼女に寂しい思いをさせてしまうようです。会う予定はなくても、LINEや電話で連絡を取る程度の思いやりを持ちましょう。

  • 【2】友達との約束ばかりを優先する

    「毎回友達との約束を優先されると、『私の立場は?』って感じ」(20代女性)など、彼氏の思いに対して不信感を募らせる女性もいるようです。彼女に悲しい思いをさせないよう、「3回に1回は彼女の予定を優先する」などバランスを取りましょう。

  • 【3】転職など大事なことを相談してくれない

    「私のことを信用してくれてないのかな?と寂しい気持ちになります」(20代女性)など、大事なことを相談されないと、不安に思う女性もいるようです。彼氏の一大事は彼女にとっても一大事。最終的に決めるのは自分でも、彼女の意見も聞くようにしましょう。

  • 【4】旅行やデートなど先の約束をしてくれない

    「何の約束もないと、付き合ってても常に不安」(20代女性)など、ほんの少し先の未来も見えない状況は、彼女にとって非常に大きなストレスになるようです。旅行やデートは「これからも一緒にいたい」という具体的な意思表示でもあります。彼女が今後に希望を持てるよう、「来週土曜日食事に行こう」などと、守りやすい約束からしてあげてはどうでしょうか。

  • 【5】「結婚する気はない」と宣言される

    「じゃあどうして付き合ってるの?と言いたくなります」(20代女性)など、結婚する気がないことを告げられて、交際そのものに疑問を感じる女性もいます。「いつかは別れたい」という意味にも取られてしまうので、「今すぐには考えられない」などと彼女を傷つけない表現をしましょう。

  • 【6】発言やふたりで行った場所をよく覚えていない

    「私にとっては大事な思い出なのにな…と悲しくなる」(20代女性)など、彼氏が自分としたことをあまり覚えていないと、落ち込んでしまう女性もいるようです。記憶力に自信がない人は、日記を書いてみるなど、彼女としたことを思い出しやすい環境づくりに努めましょう。

  • 【7】「ひとりでいるのが好き」と言われる

    「私といるのがイヤってこと?って突っ込みたくなる」(20代女性)など、わざわざ「ひとりでいたい」と言われて、彼氏との時間を純粋に楽しめなくなってしまう女性もいるようです。ひとりの時間を大切に思う気持ちはわかりますが、「でも君といると安心する」などとフォローも忘れないようにしましょう。

  • 【8】「キャラじゃない」と手をつないでくれない

    「私と付き合ってるのが恥ずかしいんでしょうか…」(20代女性)など、カップルとしての初歩的なスキンシップを拒まれると、自信を失ってしまう女性もいるようです。常に手をつなぐことはしなくても、ときには自分から彼女の手を握ってあげるといいでしょう。

  • 【9】体調が悪いのに心配してくれない

    「心細いときなんだから、LINEくらいくれてもいいのに…」(20代女性)など、具合が悪いときに冷たい彼氏の態度に不満を持つ女性もいるようです。恋人なら、弱っているときほど優しくしてもらいたいもの。縁あって付き合っているのですから、体調が悪い彼女を見舞う程度の優しさを持ちましょう。

ほかにも「こんな態度で彼女に悲しい思いをさせてしまった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock