長年付き合っている彼女に見切りを付けられてしまう行動9パターン


長年付き合っていた彼女に突然別れを告げられたことはありませんか? 女性はどんな理由で「この人とはもう無理!」と思うのでしょう。『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「長年付き合っている彼女に『この人とは無理!』と見切りを付けられる行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「何してるの? 誰にメールしてるの?」などと、彼女の行動をすべて把握しようとする

    付き合い始めたころであれば、相手の交友関係に関心を向けると「私を気にしてくれている」と喜ばれるかもしれません。しかし、長年付き合っている彼女の場合、「まだ信用していないの?」と思われることもあります。ほどほどを心がけるとよいでしょう。

  • 【2】「俺、歌手になる!」「社長になる!」と言いながら、一向に努力をせず、夢とは関係ないアルバイトに勤しむ

    付き合いが長くなり、「先」を見据えるころになっても、大きな夢だけ語って行動が伴わない男性は、「将来設計が立てられない頼りないパートナー」だと思われます。本気で夢を実現したいのであれば、具体的な計画を説明し、彼女を安心させてあげるとよいでしょう。

  • 【3】彼女が黙って聞いてくれるのをいいことに、自分の話ばかりする

    彼氏が自分のことばかり話しているのを楽しく聞けるのは、付き合い始めてしばらくの間のことでしょう。いつも彼女が調子を合わせてくれるからといって好意に甘えず、ときには黙って聞き役に回ることも必要でしょう。

  • 【4】何年たってもデートのたびに「俺の好みじゃないかも…」と彼女のファッションにケチをつける

    長年付き合っても彼氏の好みに近づこうとしない女性には、ファッションにこだわりがあるものと思われます。どうしても譲れない要望があるときだけ、「こっちのほうがかわいいよ」と前向きな表現で、丁寧にお願いしてみてはどうでしょうか。

  • 【5】レストランやショッップの店員に対し、「自分は何様?」というくらい、やたらと横柄な物言いをする

    付き合いが長くなるほどに、彼女は彼氏の他人への態度を観察し始めるものです。特に「結婚」を視野に入れ始めると、相手の人間性や社会性を見極めようとする女性は多いでしょう。誰にでも公平で大人の対応ができる男性を目指しましょう。

  • 【6】「この会社では自分の能力は発揮できない」と、何度も何度も転職を繰り返す

    一度や二度、あるいは確実にキャリアアップできる転職なら彼女も大歓迎ですが、愚痴を言いながら何度も転職を繰り返していると、先行きに不安を感じさせてしまいます。人生設計をきちんと説明し、納得してもらう努力をしましょう。

  • 【7】成功した友人について「あいつは昔、こうだった」と昔話をほじくり返す

    付き合いが長くなると、「人間としての魅力」の重要度が増してきます。成功した友人がいかに昔はダメダメだったとしても、彼女の前では「あいつはすごい」と誉めましょう。心の広い男性だと見直されるかもしれません。

  • 【8】何か聞くと「うーん、お袋に聞いてみる」と必ず言う

    常に母親の判断をあおぐ男性は、「マザコン男」として女性の結婚に対する意欲を失わせてしまう恐れがあります。頼りがいのある男性であることを示すには、判断はあくまでも自分が行い、母親には事後報告してみてはどうでしょう。

  • 【9】レストランでの会計時、最後の1円まで割り勘にするため、きっちり計算をする

    1円にまでこだわる男性は、仮に結婚したとしても、お金にうるさくて大変な人と思われがちです。出す時は出す、ムダなお金は使わない、というようにメリハリをつければ、経済観念のしっかりした男性だと思われるでしょう。

ほかにも「自分はこんな理由で彼女に突然別れを切り出された」というエピソードがあれば教えて下さい。皆さんのご意見をお待ちしております。(橘しげる)
Photo:All images by iStock