男性からのアプローチを待っている「女性のさりげない一言」9パターン


気になる男性がいても、自分からアプローチできない女性は多いもの。そんな彼女たちがポツリという一言のなかには、「もう一つの意味」が隠れていることもあるようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「男性からのアプローチを待っている『女性のさりげない一言』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「今日は残業ナシで終れそう」(安心して誘っていいよ)

    「食事に誘ってほしい男性にだけいいます」(20代女性)など、その日の夜の予定が空いていることをアピールする一言は、男性に対して「誘っていいよ」という意味を含むこともあるようです。「俺も早く終るから、食事でもどう?」と聞いてみるとよさそうです。

  • 【2】「この間の土日は何してた?」(彼女いる?)

    「休日の行動がわかれば彼女がいるかどうかだいたい分かるから」(20代女性)など、休日の行動を聞き出す質問には、「彼女の有無」を探る意味が含まれることもあるようです。「暇だったよ」と返しつつ、彼女にも同じ質問をしてみるとよさそうです。

  • 【3】「新しくできたカフェが素敵なんだって!」(一緒に行きたいの)

    「『今度一緒に行きませんか?』って誘ってほしいんです」(20代女性)など、近所にあるカフェやレストランなどを話題にするのは、男性からの誘いを待つ呼び水のようです。単なる世間話とスルーしないように注意したいものです。

  • 【4】「合コンとか行って彼女作ったらいいんじゃない?」(私は候補になってる?)

    「あえてほかの女性の話題をふって、私に興味があるかを確認」(30代女性)など、他人事っぽい一言の裏に、淡い恋心が含まれているケースもあるようです。「〇〇さんが彼女になってよ」などと切り返すと、女性をドキリとさせられそうです。

  • 【5】「〇〇さんてモテそうですね」(カッコイイと思ってますよ)

    「やっぱり褒めるのは興味があるから」(20代女性)など、男性に対する「モテそう」という一言には、「私もそう思う」という意味が含まれるようです。ただし、自信過剰な態度は女性を冷めさせるので、浮かれないようにしたいものです。

  • 【6】「最近、なんか家に居ること多いんだー」(暇なんだー)

    「だから誘っていいよ!ってこと」(10代女性)など、暇さをアピールする一言には、「楽しい遊びの誘いを待っている」という意味が含まれるようです。勇気を出してデートに誘い出してみるといいかもしれません。

  • 【7】「○○に行ってみたいけど、一人じゃ心細くて」(連れて行って)

    「女性一人で行きづらい場所の話題をふるのは、こっちから誘ってるのと同じ」(20代女性)など、エスコートの男性を必要とする場所へ行きたがるのは、女性からのお誘いともいえるようです。「じゃあ案内してあげる」と返せば、デート成立の可能性は高そうです。

  • 【8】「飲みならいつでも行きますよ」(いつでもデートOKですよ)

    「飲みなら『お酒が好き』っていう言い訳が立つから」(20代女性)など、あくまでも「お酒好き」という理由を付けつつ、男性の誘いを待っている一言です。単なる社交辞令と受け流さず、「じゃあ次の金曜日に!」など具体的な約束につなげるとよさそうです。

  • 【9】「今度の休み、○○くんに誘われたんだけど…」(あなたはどう思う?)

    「『行っちゃダメだ!』っていわれたいのが本音」(20代女性)など、別の男性からの誘いに悩んでいるような一言には、「止めてほしい」という意味が隠れているようです。「その日は俺とデートしよう!」と誘えば、OKを貰える可能性は高そうです。

ほかにも、気になる『女性のさりげない一言』があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock