女子の「クリスマスの空き状況」をさりげなく探るLINE9パターン


気になる女性をクリスマスデートに誘うのは、かなり勇気のいる行動。できれば早い段階でクリスマスの予定を聞き出して、保険をかけたいというのが本音ではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「女子の『クリスマスの空き状況』をさりげなく探るLINE」をご紹介します。

  • 【1】「来週の〇曜日って空いてる?」と、あえてクリスマスには触れずに誘う

    「『クリスマス』って単語がハードルを上げる(笑)」(20代男性)など、恋愛イベントを想起させる「クリスマス」というワードをぼかすことで、さりげない質問を装うパターンです。このように自分流で緊張をほぐすと、気楽にLINEが送れるかもしれません。

  • 【2】「バイト入ってる?」とクリスマス当日の仕事の予定を聞く

    「遊びの予定より聞きやすいし…」(20代男性)というように、仕事の状況を聞いてクリスマス当日の予測を立てる男性もいます。とはいえ、どんな答えでも「デートの予定の有無」までははっきりわからないのがこの方法の弱点です。ワンクッション置いたら、男らしくデートに誘いましょう。

  • 【3】「このままだと男同士で鍋パーティかな」とぼやいて反応を確かめる

    「『私も女子会』とか、寂しい予定だったらチャンス!」(20代男性)というように、女性の反応に賭けるケースです。ただし、相手から期待した反応がくるとは限らないので、ただのグチにならないよう気を付けましょう。

  • 【4】「恋人いないとつまんないよね」と共感を求める

    「途中まで彼氏いない前提で話を進めてみる作戦(苦笑)」(20代男性)というように、ある意味大きな賭けに出る人もいます。とはいえ、女性に彼氏がいた場合、この発言は大変失礼にあたります。恋人がいないという確信がないときは使えない手かもしれません。

  • 【5】「去年のクリスマス何してた?」と、過去の思い出から今年の話題につなげる

    「せめて自然な流れで誘いたい」(20代男性)と考え、まずは去年の思い出話で一呼吸置く作戦です。たしかに流れは自然になりますが、元カレの話を聞かされて戦意がなえるおそれもあります。まずはハートを強くする必要があるでしょう。

  • 【6】忘年会の幹事になり「年末の予定」の一環としてクリスマスの状況を聞く

    「同じ職場の子に使ったことがある手」(20代男性)という報告もあり、年末の予定として空き状況をまとめて聞くのは、回りくどいものの現実的な手段かもしれません。幹事に追われてクリスマスデートがおろそかになっては元も子もないので、自分の限界を見極めてから行動に移したいところです。

  • 【7】「どこのケーキ予約した?」と準備状況から探る

    「彼氏がいる子は準備が進んでるはず!」(20代男性)と考えれば、ケーキやレストランの予約状況からも、予定の有無を察することが可能でしょう。「予約してない」と返ってきたら、「君のために僕が予約したい」と押してみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「クリスマスにデートするなら、どこに行く?」と意見を求める

    「詳しかったら、リアルに予定がある証拠」(20代男性)と考え、この質問をしてみる男性は多いようです。でも、クリスマスは片想い中の人にとって勝負の日。どんな答えでも「オレと行かない?」と誘う勇気を持ちましょう。

  • 【9】「クリスマスの予定聞いていい?」と低姿勢で聞いてみる

    「せめて文章だけでもさりげなく(笑)」(20代男性)と、ストレートに聞きつつもガツガツ攻めない作戦です。ただし、あまり下手に出すぎると「男らしくない」と幻滅されてしまうおそれがあるので、卑屈に見えないよう絵文字やスタンプを多めに使いましょう。

ほかにも「こんなLINEでクリスマスを制した」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock