合コン幹事の男性が手にする密かなメリット9パターン


飲み会の幹事は何かと大変な役目が多いもの。とはいえ、合コンでは幹事を務めたほうが男性にとって有利になることもあります。今回は『スゴレン』男性読者のアンケートをもとに、「合コン幹事の男性が手にする密かなメリット」を紹介します。

  • 【1】女性から「頼りがいのある男」だと思ってもらえる

    「自然とみんなを引っ張っていくタイプに映るから」(20代男性)というように、幹事ができる人には「しっかりした人」というイメージがもれなくついてくるようです。「大変なポジションを引き受けてくれた」というだけでも、すでに好印象だといえるでしょう。

  • 【2】女性メンバーの情報を事前に知ることができる

    「どんな子が来るか分かっていれば、当日の会話にも困らない」(10代男性)と、参加女性の情報をリサーチできることは幹事の特権ともいえるようです。全員のアドレスを確実に手に入れられるため、合コン当日までに仲を深めておくこともできそうです。

  • 【3】いい店を知っていることをアピールできる

    「お店選びは幹事の仕事の中でも重要だから」(30代男性)と、いい店を会場に選べば自然とセンスのよさをアピールすることにつなげられるようです。1次会のお店はもちろん、2次会もおしゃれなお店を予約しておくと株が上がるでしょう。

  • 【4】交友関係の広い人だと印象づけることができる

    「色んな業種のメンバーを呼べば、知り合いが多くてうらやましがられる」(30代男性)と、様々なジャンルの人と繋がっていることを自慢できるという意見もあるようです。知人の知人という形で、今後もさらに交友関係を広げていけるかもしれません。

  • 【5】女性陣のリーダーと自然と親密度が増す

    「事前の打ち合わせをしているうちに、仲間意識が生まれる」(20代男性)と、幹事同士での絆が深まり、時にはそこから恋に発展する可能性もあるようです。合コンが成功したあとは「幹事だけで打ち上げしようか」と誘ってみるのもアリかもしれません。

  • 【6】男性メンバーを自分の好みで決めることができる

    「悔しいが、自分よりイケメンを連れていけば女性陣からの株が上がる」(20代男性)と、参加者の決定権が自分にあることも、大きなメリットのようです。ただし、自分だけがチヤホヤされたいからと冴えないメンバーばかり連れていくと、プライドの高い男だと思われてしまいそうです。

  • 【7】座席の配置を自分でコントロールすることができる

    「幹事が座席を決めるのはまったく不自然じゃないから」(10代男性)と、合コンで最も重要な「席順」も、幹事にはすんなり決定権が認められるようです。万が一気になる女の子の近くの席をキープできなかった場合は、「席替えしよう」と提案することもできそうです。

  • 【8】酔い過ぎないように気をつけるため、お酒での失敗を防げる

    「しっかりしなきゃという気持ちが、飲むペースを守らせる」(30代男性)と、幹事の責任感がいい意味で自分をセーブしてくれることもあるようです。自分以外の人が酔っていたら介抱してあげるくらいの余裕は、常に残しておきましょう。

  • 【9】次回の合コンに呼ばれる確率が高くなる

    「合コンが盛り上がれば『幹事が良かったから』という評価に繋がり、次も任される」(20代男性)と、周囲から「また来てほしい人物」と認められることもメリットのようです。その日仲良くなった女の子と、新たな合コンの計画が立ち上がるかもしれません。

このほかに、「合コン幹事の男性が手にする密かなメリット」にはどのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock