彼女が「話を聞いてほしい!」と思っているときの密かな合図9パターン


恋人同士においても、ときには自分からストレートに切り出すのが難しい話題もあります。そんなとき女性は「密かな合図」を送ることで、男性の方から話をふってもらうことを期待しているようです。『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「彼女が『話を聞いてほしい!』と思っているときの密かな合図9パターン」をご紹介します。

  • 【1】無言でジーッと視線を送ってくる

    「『話聞いてオーラ』を出しつつ、目で訴える」(20代女性)など、言葉には出さない代わりに、視線でアピールするのは定番の合図のようです。昔から「目は口ほどにモノをいう」というように、彼女が強い視線を送ってきたら、何か話があると察してあげたいものです。

  • 【2】普段はよくしゃべるのに、突然無口になる

    「いつもと違う自分をアピールして、彼氏が『何かあった?』って聞いてくれるのを待ってる」(20代女性)など、普段おしゃべりな女性ほど、本当に悩んでいることは自分から言い出せないのかもしれません。男性から率先して理由を聞き出してあげるとよさそうです。

  • 【3】会話の節目で、頬杖をついてため息をつく

    「明らかに悩んでいる態度を取れば、心配してもらえるから」(20代女性)など、いかにも悩みがありそうなため息は、相談に乗ってほしい気持ちのあらわれのようです。些細な合図でも無視せずに、「今日なんか暗くない?」などと聞いてみてあげたいものです。

  • 【4】急に「甘いモノ食べにいこうよ」などと出かけたがる

    「つまりストレスを発散したいのです」(20代女性)など、甘いモノを食べてストレスを解消する女性は多いようです。彼女がこう言い出したら、何か理由があるかもしれません。二人でカフェなどに出かけて、ケーキでも食べながらゆっくり話を聞いてあげたいものです。

  • 【5】「なんか疲れた」など元気のない素振りをする

    「『どうして元気ないの?』って理由を聞いてほしいから」(10代女性)など、「疲れている」という一言は、女性が「気を向けてほしい」ときの定番ワードのようです。ただし、本当に疲労していることもあるので、まずは理由をしっかり確認してあげるとよいでしょう。

  • 【6】「今日テンション低いから(笑)」など冗談っぽく本音を漏らす

    「笑いのオブラートにくるんでるけど本気」(20代女性)など、女性によっては「冗談」に混ぜて本音を漏らす人もいるようです。やけに自虐的なギャグをいうなど、いつもと違う雰囲気を感じたら、「それ本音じゃない?」などと心配してあげるとよさそうです。

  • 【7】ふてくされたように「バカ」などと悪口をいう

    「優しくしてほしいときは、わかりやすくスネる」(10代女性)など、子供っぽい悪口をいうのは、女性にとってスネているポーズのようです。どんな理由でスネているのか、優しく問いただしてみるといいかもしれません。

  • 【8】「最近なんか悩みない?」と逆に聞いてくる

    「相手の悩みを聞き出してから、『実は私もね…』って続けたい」(20代女性)など、自分の話を聞いてもらう入口として、男性に「悩み」の話題をふる女性もいるようです。ちょっとした悩みを打ち明けて、ギブアンドテイクの状況を作ってあげるとよさそうです。

  • 【9】やたらと抱きついてくるなど、傍にいようとする

    「甘えたい気持ちを体で表現」(20代女性)など、女性がやたらと体を近寄せてくるのは、何かいいたいことがあるときの合図のようです。優しく抱き寄せながら、『どうかしたの?』などと聞いてあげると、安心して話をしてくれそうです。

ほかにも、「彼女が『話を聞いてほしい!』と思っているときの密かな合図」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock