「この人とつきあってよかった!」としみじみ幸せを実感した瞬間9パターン


交際を続けていると「この人でいいのか」「もっといい人がいるのでは」と迷いが生じることも。でも、「この人だ」と思う瞬間があるから、つきあいは続いていきます。そこで、スゴレン女性読者へのアンケートを参考に、「『この人とつきあってよかった!』としみじみ幸せを実感した瞬間」をご紹介します。

  • 【1】同じタイミングで同じことを話し出すなど、波長が合っているのを感じたとき

    「息がぴったり合うと、運命の人だ!と思います(笑)」(20代女性)というように、同時に同じ言葉を言ったり、自分が思っていたことを相手が先に話し出したりすると、波長が合うと感じるようです。彼女が何を感じているか察してあげましょう。

  • 【2】体調が悪いことを隠していたら、誰よりも早く気づいてくれたとき

    「周りに気づかれないようにしていたから、私のことをよく見てくれているんだと感動した」(30代女性)など、普段と様子が違うことを指摘されると、いつも気にかけてくれているのを実感できるようです。気づいたら「大丈夫?」と声をかけましょう。

  • 【3】彼氏が仕事でほめられたのを聞き、自分のことのように喜べたとき

    「今までは相手にとって嬉しいことが起きても、そんなに興味が持てなかったので」(20代女性)というように、男性の幸せを心から願うことができたとき、女性は「真実の愛」を実感できるようです。一方的に愛情を受け取るだけでなく、男性もまた、彼女の幸福を第一に考える謙虚な気持ちを持ちましょう。

  • 【4】友人や家族に会わせたら、「彼氏いい人だね」と言ってもらえたとき

    「自分ではよくわからなかったので」(20代女性)というように、彼氏を他人にほめられることで男性の価値を再確認できるという人もいるようです。彼女の友人や家族に対しても、彼女同様に親切に接するように心がけましょう。

  • 【5】強気で一人でも生きていけると思われがちな自分に、「そんなことない」と言ってくれたとき

    「私の本当の姿をわかってくれた上で、一緒にいてくれるんだなあと思った」(20代女性)というように、外では強気な女性でも実は男性に頼りたいもの。「こいつはほっといても大丈夫」と表面だけで判断せず、彼女が弱っているときには、とことん甘えさせてあげましょう。

  • 【6】作り笑いが板についている自分が、彼の前ではリラックスしているとき

    「自分が安心できる存在がいるということに幸せを感じます」(20代女性)など、普段周りに気を使っている女性は、素の自分を見せられる彼氏の存在に癒されるようです。仕事でストレスがたまっているときには、黙ってグチを聞いてあげるといいでしょう。

  • 【7】彼氏が周りの友だちや家族から信頼されているのがわかったとき

    「身近な人を思いやれる人は、人間として尊敬できます」(30代女性)というように、男性が周囲の人とどのような関係を築いているのか、女性は意外と冷静に見ています。信頼できる家族や友人に囲まれている姿を見せ、彼女を安心させてあげましょう。

  • 【8】自分の父親に「真剣におつきあいしています」と言ってくれたとき

    「将来のことも考えてくれているんだとわかって、うれしかった」(20代女性)というように、女性の両親におつきあいを報告することで、「誠意ある男性」だと認めてもらうことができるでしょう。相手の家族の前で真剣な想いを宣言すれば、ふたりの愛も深まるでしょう。

  • 【9】価値観があまりにも似ていて、「この人と出会うために今まで生きてきたんだ」と思ったとき

    「お金や物への考え方が同じだった」(30代女性)など、価値観が近いということは、やはり「パートナーとして最適だ」という強力な確信につながるようです。まったく同じである必要はありませんが、つきあいながら相手の考え方に寄り添う努力も必要でしょう。

ほかにはどんなとき、女性が「この人とつきあってよかった!」としみじみ幸せを実感するのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(高清愛子)
Photo:All images by iStock